東野幸治、大泉洋が『行列のできる法律相談所』でゲスト出演に来るといつもやっている嫌がらせを明かす「個室トイレの外からずっと話しかける」

2020年11月25日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第88回にて、お笑い芸人・東野幸治が、大泉洋が『行列のできる法律相談所』でゲスト出演に来るといつもやっている嫌がらせを明かしていた。

東野幸治:僕が大泉洋君に唯一やってる嫌がらせが、『行列』に映画の宣伝で来るんです。その時に、なぜかいつも本番前にトイレで会うんですよ。

で、大体いつも俺が小してて、大泉君が大に入っていくんですよ。唯一の嫌がらせが、大している途中で、俺がずーっと話しかけるっていう嫌がらせ。

「凄いな、大泉君。今何本やってんの?」とか。「え?スケジュール、何年先まで詰まってんの?」みたいにして。ちょっとでもウンコ出すのにストレスを与えるっていうのが、俺の唯一の邪魔してることです、本当に。

だって、『マルコポロリ』っていう番組ね、大阪でやってるんですけど。「ポロリパス」ってコーナーがあって、それ何かって言ったら、東京の芸能人がやってきて、自分の出演する映画を宣伝するために乗るんですね。

で、芸人リポーターがインタビューする。それの乗車回数トップが女性は天海佑希さん、男性が大泉洋君ですよ。

凄いです。今、めちゃくちゃあるんじゃないですか?出演オファーが。正直だって、2年後、そのさっき言った大河ドラマ出るでしょ。その2年後とか、俺もう主役やと思うんですよ、完全に。

すごろくで言うたらもうホンマに終わりですよ。「どうすんの?」っていう、これからの人生。やり切っちゃうぐらい。凄いねぇ。

羨ましい。大泉君、仕事ください。お願いします。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事