山里亮太、『あざとくて何が悪いの?』が台湾で人気が出た意外な理由を明かす「僕の奥さん(蒼井優)の作品を好きな人がいて」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『あざとくて何が悪いの?』が台湾で人気が出た意外な理由を明かしていた。

山里亮太:台湾とかは、まさかの理由で『あざとくて何が悪いの?』の人気が出たっていうのがあって。台湾って、WAONさん(蒼井優)の作品を好きな人がいるらしいのよ。

WAONさん、僕の奥さんのね、作品が好きな人がいて。で、そのWAONさんの旦那が出てるらしいぞってなって。「見てみようぜ」って。噂では聞いたけど、山ちゃんって奴がいるっていうのを。「どんな奴がいるか見てみようか」って見たら、「内容もいいじゃない」っていう。

向こうの人も言ってんじゃない?「さっきからコイツ、背中向けてんな」って(笑)

山里亮太、田中みな実が『あざとくて何が悪いの?』冒頭でプロレスを仕掛けてきた時にマジギレして反論してしまったと告白「それを言うんだったら田中さんよ…」

「WAONの旦那、アイツ背中ばっか見せてるけど、これか、WAONが言ったケン・タカクラってのは」ってなったんじゃない?って説ね(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事