東野幸治、吉本興業とのエージェント契約を検討していたところ「裏から圧力かけられた」と告白「何か問題を起こした時に…」

2020年11月8日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第83回にて、お笑い芸人・東野幸治が、吉本興業とのエージェント契約を検討していたところ「裏から圧力かけられた」と告白していた。

東野幸治:ロンブー亮さん、吉本興業とエージェント契約。

田村亮:エージェント契約でございます。

東野幸治:ちょっとエージェント契約に僕、実は興味ありまして。

田村亮:ふふ(笑)

東野幸治:今、マネージメント契約してて。ちょっとエージェント契約にしようかなって、ちょっと思ったこともあるんですよ。

田村亮:はい、はい。

東野幸治:ただ、そんな話をすると、たとえば問題を起こした時に、会見開かないけないでしょ。

田村亮:はい、はい。

東野幸治:その時の場所とったりとか、人さばき、人整理などは、吉本興業はしませんよってちょっとね、裏から圧力かけられたんですよ。

田村亮:ふふ(笑)「なんか問題起こした時」って、怖っ(笑)

東野幸治:あと、「CMやってて問題起こした時に、違約金を払わないけないですよ、エージェントなら」と。まったくCM、俺してないですけど、ビビってもうて(笑)

田村亮:ふふ(笑)



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事