山里亮太、A.B.C-Z塚田僚一はバラエティ番組での河合郁人の活躍に「どこかで焦りを感じ」ているため『アウトデラックス』で爪痕を残そうとしていたと明かす

2020年11月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、A.B.C-Z塚田僚一はバラエティ番組での河合郁人の活躍に「どこかで焦りを感じ」ているため『アウトデラックス』で爪痕を残そうとしていたと明かしていた。

山里亮太:カットに対して、めちゃくちゃ辛い思いをしている。「俺はここにもっと爪痕を残したいんだ」って思ってる男がもう一人いるのよ。それが、A.B.C-Zの塚ちゃんよ。

今、A.B.C-Zの河合郁人君って、バラエティでガンガン席巻してる子がいて。俺、塚ちゃんどっかで焦りっていうか。A.B.C-Zって、みんなメンバーのことも好きで。メンバーの活躍を心から喜べるんだけど、でもバラエティーの一番先頭を走ってるのは自分だって、塚ちゃんは自負としてあったと思うよ。

それを河合君がまくってってる感じ。河合君は器用で、塚ちゃんはイジられてる方だけど、河合君は自分から行けるから、モノマネとか。

で、そこの思いと、あんまりオンエアされてないっていうのがあるから、塚ちゃんもガンガンいくっていう。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事