松村邦洋、社宅に住んでいた時にマネージャーからの監視を嫌って居留守を使うも騙されて突破されてしまった過去を語る「副社長に報告だからな」

2019年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、ものまねタレントの松村邦洋が、社宅に住んでいた時にマネージャーからの監視を嫌って居留守を使うも、騙されて突破されてしまった過去を語っていた。

リスナーメール:松村さんは今でも、台所の流しで小便してるんでしょうか?

太田光:サンハイツね。

松村邦洋:それ、21、22の時ですね。

太田光:部屋、汚かったなぁ。

田中裕二:みつまJAPANが来た時あったじゃん。

松村邦洋:そう、そう。

太田光:弟子だったからね。

松村邦洋:俺の家によく来てたけどね。みつまが来ると開けてたんだけど、その前にハマさんが僕の家に来てね。

太田光:みつまを先に行かせてね。

松村邦洋:あれね、ハマさんが僕の部屋の検査に来るからイヤだったんですけど。

太田光:「汚い」ってね。

松村邦洋:ある時、みつまが「みつまです、松村さん、開けてください」って。「お前だけか?お前だけなら開けるけど、横にハマさんとかいないよね?」って。

太田光:ふふ(笑)

松村邦洋:「私はみつまですけど、一人だけで来てるから大丈夫です。開けてください、とにかく開けてください」って言うから、「本当にお前だけだろうな?」って言って開けたら、ハマさんが「ジャンジャジャ~ン」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

松村邦洋:「引っかかったな、松村。みつま、ご苦労さん。もういいよ。お前の役目は終わったよ」って。

太田光:はっはっはっ(笑)

松村邦洋:「お前、この野郎。会社の社宅のマンションで、なんでこんなに汚してんだよ、バカ野郎。これは全部写真で撮って、副社長に報告だからな」。

太田光:はっはっはっ(笑)

松村邦洋:「副社長に報告だ。こたつの脚、三本しかないじゃないか。これも副社長に報告だから、写真でパシャッと撮ってな。ジャンジャジャ~ン」って。

太田光:はっはっはっ(笑)

松村邦洋:「みつま、ご苦労さん。もういいよっていうんだよ。来なくていいよ。お前、これ全部報告だからな」って。

田中裕二:大好き、この話(笑)

太田光:監視されてたからね。本当、凄かった。

松村邦洋:ハマさんから電話かかってきて、「そっちにいるんだろ?サンハイツに明かりついてたぞ。俺がドンドンって叩いてから、急に電気消すなよ。出てこいよぉ、出てこいよぉ」って留守番電話に入ってて。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事

本日の人気記事