ケンドーコバヤシ、サバンナ高橋にブチギレて馬乗りになった過去を告白「吉本をホンマに辞めたろう思ってた時に…」

2020年10月27日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、サバンナ・高橋茂雄にブチギレて、馬乗りになった過去を告白していた。

千原ジュニア:なんか、コバが高橋にキレてとかあったし。

ケンドーコバヤシ:それはね、ハッキリ覚えてます。

千原ジュニア:あったよな。

ケンドーコバヤシ:それは、もうやめられた方おったんですよ。後に神父になった方おったでしょ。

千原ジュニア:社員で?

ケンドーコバヤシ:社員で。後に神父になって。あの人に、目ぇつけられてたんです。なんかあったら怒られて、イヤミ言われて、みたいな。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:周りも「大変やな」みたいな。「エエねん、エエねん、俺は」みたいな。俺も拗ねてるような。もう狙い撃ちしとるから。

千原ジュニア:はい、はい。

ケンドーコバヤシ:で、また「おい、ちょっと来い」って言われて。「お前さ、俺の言うこと守らへんのやったら、今日を限りにもうやめろ」みたいな。

千原ジュニア:うん、うん。

ケンドーコバヤシ:最後通牒、突然食らったんです。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、僕も若かったっていうのもあったんでしょうね。「はい、分かりました、やめます」って。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「お世話になりました」「なんやその態度」みたいなこと言われたから、「そんなん言われたら、態度こうなるやろ!」みたいな、言うてもうたんですよ。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:で、「頭冷やせ、どっか行け」って言われて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:無言で僕、帰ろう思って。その当時、高橋とはお酒飲みだしてまだ1~2回目の時で。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:「小林さん、名前なんて言うんですか?」「友治(ともはる)や」「なんですか、その名前(笑)」とか言うてて。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:その次の日ぐらい、階段降りてホンマやめたろう思って行ってたら、たまたま高橋が階段登ってきて、「おーい、友治(笑)」って言うたんです。

千原ジュニア:間悪いなぁ(笑)

ケンドーコバヤシ:もう、気がついたら柔道で投げてましたからね(笑)

千原ジュニア:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:馬乗りになって(笑)ハッキリ覚えてます、それは。



にけつッ!!

本日の人気記事