伊集院光、『深夜の馬鹿力』でもなく『らじおと』のテンションが自分の最も素に近いと告白「変に悪くなっちゃう、深夜」

2020年10月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『深夜の馬鹿力』でもなく『らじおと』のテンションが自分の最も素に近いと告白していた。

伊集院光:もう包み隠さず聞いちゃうけど、『ゴッドタン』のギア…深夜ラジオが本物で、ゴールデンのテレビがニセモノみたいな言い方をされると、両極端過ぎて、両方ニセモノで。

劇団ひとり:ああ。

伊集院光:変に悪くなっちゃう、深夜。

劇団ひとり:ああ。

伊集院光:で、ゴールデンのテレビは変にいい子になっちゃって、どっちも多分、「俺か?」って言われると、違う感じがするの。

劇団ひとり:え?深夜の伊集院さんが本物だと僕は思ってました。

伊集院光:どっちかって言うと、この時間と、NHK教育が変に僕に近いです。

劇団ひとり:本当ですか?

伊集院光:本当、本当。ここは今みたいな話がギリできるけど、ゴールデンのテレビはちょっと無理じゃないですか。

劇団ひとり:はい、はい。

伊集院光:だから、ここぐらいが一番フラットっちゃ、フラットだよ。

劇団ひとり:ああ、そうですか。

伊集院光:犬を溺愛してる話もできるから。

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

伊集院光:カミさん好きだって話もここでするし。

劇団ひとり:そうか。

伊集院光:その照れ隠しで、カミさんの悪口入れたり夜しちゃうけど。

劇団ひとり:うん。「田中さん」に近いですよね。

伊集院光:田中さん?ああ、本名の。近いと思う、それは近いと思う。下町のおっちゃんって感じだけど。

劇団ひとり:だから、伊集院光のスイッチは多分、夜ですよね。

伊集院光:かもしれないね。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事