バカリズム、親交のある東京03がキングオブコントで優勝に手が届く場面で「負けろ」と思ってしまった理由を告白「これ、嫉妬だ」

2020年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・バカリズムが、親交のある東京03がキングオブコントで優勝に手が届く場面で「負けろ」と思ってしまった理由を告白していた。

バカリズム:ハッキリ「これは嫉妬なんだ」って思ったのは、僕、凄い仲良くしてる東京03。

伊集院光:うん。

バカリズム:もうライブからずっと一緒で。

伊集院光:うん。

バカリズム:で、お互いライブ見に行ったりとかしてる中の東京03が、キングオブコントの決勝に出てった時に、「負けろ」って思ったんですよ。

伊集院光:ああ。

バカリズム:「これ、嫉妬だ」みたいな。

伊集院光:先に売れられちゃ困る、みたいな。

バカリズム:遠くに行っちゃうっていう。ずっと同じぐらいで、年一ぐらいで単独ライブやってて、お互い認め合っててっていうのが。

伊集院光:美しいのが、決勝は行ってほしいんだよね。

バカリズム:そう、そう。

伊集院光:下手な奴に負けられたくないじゃん、決勝まで。

バカリズム:そうですね。

伊集院光:決勝で喜ぶけど、「待てよ、トントン拍子でトップになるのは、ちょっと勘弁してくれないか」っていう。

バカリズム:そうなんですよ。楽屋で見てて、で、負けろって思って。それで楽屋を出たら、アンタッチャブルのシバッチョがいて、シバッチョは東京03優勝して「嬉しい」って泣いてたんですよ。俺、本当心が汚いんだなって思って。

伊集院光:こっちにも嫉妬するよね(笑)心の美しさにも(笑)

バカリズム:そう、そう(笑)



伊集院光とらじおと

本日の人気記事