バカリズム、『オードリーのオールナイトニッポン』は悩み続ける若林正恭の成長を追っていく『北の国から』であると語る

2020年10月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑い芸人・バカリズムが、『オードリーのオールナイトニッポン』は悩み続ける若林正恭の成長を追っていく『北の国から』であると語っていた。

佐久間宣行:若林君は、悩んでいることもちゃんと話して上で、変わっていくことも厭わないのを、ドキュメンタリー的に話していったりしてくれるじゃないですか。

バカリズム:はい。

佐久間宣行:ああいう人のことは、羨ましいんですか?

バカリズム:羨ましいですよ。「ああしとけばよかった」って(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

バカリズム:だってもう、『オードリーのオールナイトニッポン』って、もう『北の国から』じゃないですか。

佐久間宣行:いや、本当、本当。

バカリズム:もう長い年月をかけて、変わっていく成長が見られるっていう。

佐久間宣行:うん。

バカリズム:仕事の移り変わりだったりとか、どんどん増えてったりとか。

佐久間宣行:そう、そう。

バカリズム:だから、「ああ、いいやり方だなぁ」って思って。その時に、僕もう30半ばとかだったから、(オールナイトニッポンを)やったの。

佐久間宣行:うん。でも実は升野さんの仕事ぶりを見てると、升野さんもそういうふうに悩んでるじゃないですか。

バカリズム:はい。

佐久間宣行:悩んでなかったら、年間単独ライブ6本とかやんないですよ。

バカリズム:そうですね(笑)

佐久間宣行:頭おかしいから(笑)

バカリズム:はっはっはっ(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事