バカリズム、オードリーは「未完成」の状態で『オールナイトニッポン』を始めたためニッポン放送側も「自分たちで育てた」という自負から大事にしていると指摘

2020年10月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑い芸人・バカリズムが、オードリーは「未完成」の状態で『オールナイトニッポン』を始めたため、ニッポン放送側も「自分たちで育てた」という自負から大事にしていると指摘していた。

バカリズム:やっぱり、(成長途上の)余白がある人の方が、ディレクターさんとガッチリ肩を組んでやっていきやすいですよね。

佐久間宣行:一緒に成長できるというか、もしくは、一緒にグチャグチャになっても、まぁ面白そうだなって思う。

バカリズム:そうですよね。この『オールナイト』もそうで、やっぱりオードリーって、完成する前からずっとやってるから。

佐久間宣行:そうそう。

バカリズム:ニッポン放送にとっても、やっぱ「俺たちが支えてた」って自負があるんですよ。

佐久間宣行:あぁ、それはあると思います。あとはやっぱ芸風というわけじゃないけど、若林君がその時々の、変わってきたことを話すじゃないですか、あの人。

バカリズム:そうですよね。だから、僕はその隙がないもんだから、わりとここにやらせてもらうようになった時はある程度もう、仕事も増えている状態で来たから。

佐久間宣行:うん。

バカリズム:もうニッポン放送からすれば、何の育て甲斐もないんですよ。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

バカリズム:もう、頭打ちも頭打ち。ガンガン言ってる状態で(笑)

佐久間宣行:傭兵みたいな感じですよね。

バカリズム:そうですよね。僕は凄く長くやりたかったけど、でも今長くやってるのって、三四郎とかじゃないですか。

佐久間宣行:ああ、そうだわ。三四郎も、なんだったらぐちゃぐちゃの状態に来て。

バカリズム:そうなんですよ。ここに来るなら、ぐちゃぐちゃじゃなきゃいけないんですよ。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事