おぎやはぎ小木、とんねるず石橋貴明らが術後間もなくの自分をジェットコースターに乗せて痛がっているのを笑っていることに「この人たち大丈夫なのかな?」と心配に

2020年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、とんねるず・石橋貴明らが術後間もなくの自分をジェットコースターに乗せて痛がっているのを笑っていることに、「この人たち大丈夫なのかな?」と心配になったと語っていた。

矢作兼:貴ちゃんねるず見たよ、ジェットコースターのやつ(笑)

小木博明:先週、それ話したっけ?(笑)

矢作兼:俺、先週だから見たの。先週の話聞いて。テレビだったね。

小木博明:テレビ、完全なテレビなのね。

矢作兼:テレビだね。

小木博明:今日かなんかに2本目が流れてんだけど、本当にテレビよ。

矢作兼:だから、あれを見てて、面白いじゃんやっぱり、ああいうの。

小木博明:うん。

矢作兼:本当にできないの?癌で手術したところが、ジェットコースターで「痛い、痛い」って。

小木博明:そう、そう。バーが当たるんだよ。

矢作兼:やっぱりそれは無理なのか。

放送作家・鈴木工務店:できないことはないでしょうけど、気にされる方は多いと思う。

矢作兼:それはそうだよね。だって、「なに病人にそんなことしてんだ」って。

小木博明:そう。

矢作兼:そっか。

小木博明:まだ縫ったばっかりだしね、それも。痛いんだよ、だから。で、バーが本当に腎臓に当たってっから。

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:で、手を完全に固定されてっからさ、バーも持てないから、完全にお腹で衝撃を受けるから。

矢作兼:ああ。

小木博明:あれを笑ってるあの人たちが、本当に心配で、逆に。

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:「この人たち、大丈夫なのかな?」っていう。

矢作兼:ふふ(笑)そうか、じゃあもう無理だな。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事