山里亮太、しずちゃんが舞台で多忙な中『Melodix』収録に参加したことで番組スタッフも感動するも「銀杏BOYZの峯田さんに会いたかっただけ」

2020年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、しずちゃんが舞台で多忙な中、テレビ東京系の番組『Melodix』収録に参加したことで、番組スタッフも感動するも「銀杏BOYZの峯田さんに会いたかっただけ」などと語っていた。

山里亮太:おしずは、番組収録よりもやっぱり舞台の方の優先をね、会社の方針上してんのかな。

だから、まぁ「休んでも、山里頑張れよ。一人で出来るでしょ」っていうので、一応、おしずは休みになるんだけど。

で、その日はおしず出れないってなってたんだけど。でも、なんか舞台終わり、急いで駆けつけて1個だけの収録は出る、みたいな。今、凄い仕事のありがたみみたいなのを感じててね。

「急いで戻るから」って。だから、開始時間を少し遅らせることによって、少しでも収録、間に合うかもしれないって。積極的じゃない。「おしずよ」と。

で、最後のゲストのぐらいには間に合うかもっていうので、それでみんなも合わせよう、と。スタッフさんもね、アーティストさんもスケジュールを、しずちゃんが一つでも来れるような形で、スタートをちょっと送らせてみたり、アーティストさんの順番の組替えとか色々やってくれて。ありがたいなって。

おしずの『Melodix』の意気込みにも、スタッフさんグッとくるわけ、「ありがとう、しずちゃん。舞台で忙しいのに」って。

でも、なんてことはない、最後に来る銀杏BOYZの峯田さんに会いたかっただけっていうね。好きすぎて。でも、それは好きなのは良いことだし、ライブ行ってるし、もうめちゃくちゃ銀杏BOYZさんの曲に助けられたっていうエピソードもあるのよ。あの子、大きな舞台の前は、銀杏さんの歌聴いて、士気上げたりとかしてる。そういうエピソードもあるし、峯田さんとの交流もあるし。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事