佐久間宣行P、オードリー若林や山里亮太らの世代が「芸人とは?」と問い続けて生き様を芸に投影させる理由を語る

2019年7月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、オードリー・若林正恭や山里亮太らの世代が「芸人とは?」と問い続けて生き様を芸に投影させる理由を語っていた。

佐久間宣行:「ミレミアム世代こそ生き様芸人」っていうレジュメがあったんだけど。

オークラ:はい。

佐久間宣行:これ、オークラさんどういうことですか?

オークラ:これは、逆に佐久間さんに訊きたいっていうか。ミレニアム世代、いわゆるオードリーとか。

佐久間宣行:ああ、『ミレニアムズ』に出てた人たちでしょ?オードリーとか、山ちゃんとか。

オークラ:あの世代の人たちって、結構、コントとかそういうものに対するこう…

佐久間宣行:どっちかって言うと、ネタの人たちだよね。

オークラ:そう。そういうものに対して、凄く「芸人として生きるには、どうしたらいいか?」っていう。

佐久間宣行:ああ。

オークラ:みんななんか、そういうものにすげぇ向き合ってる感じが凄いするんですよね。

佐久間宣行:ああ、する、する。特に、山ちゃんと若林はそうだよね。

オークラ:西野とかもそうじゃないですか。

佐久間宣行:西野もそうだ。

オークラ:あと、村本君とかもそうじゃないですか。あの世代の人たちって、凄い「芸人とはなんだ」っていう感じが。

佐久間宣行:だからやっぱりね、今の第七世代に比べて、スペースがなかったから、葛藤する時間が長かったんじゃない。

オークラ:凄いですよね、あの考え方。

佐久間宣行:若林君なんてだって、結構、書籍で一瞬、エッセイのように思わせておいて、ちゃんと読むと人間格闘記になっているっていう。


オークラ:そう。

佐久間宣行:だから、興味のない奴らは読まない。でも、読むと若林の考えの格闘が全部分かる、みたいな。そういう闘い方をするじゃない。

オークラ:そうですよね。面白いですよね。

佐久間宣行:面白い。まぁね、だから本当に、山ちゃんのエッセイも面白いしね。

オークラ:あんまり飲みに行くこともないので。どういうことを考えてるのかなっていうのは、ちょっと聴きたいなぁって思って。

佐久間宣行:ああ。

オークラ:めちゃめちゃ生き様芸人じゃないですか。

佐久間宣行:本当はね。

オークラ:隠してますけどね、それを(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)そうなんだよ、みんな隠すんだよ。それは多分、先輩にイジられる時代が長かったからだよ。

オークラ:そうですね。「お前、生き様見せたな(笑)」とかって言ってくる奴がiて。

佐久間宣行:だから、山ちゃんはノーツイートのライブ(『山里亮太の140』)とかやるじゃん(笑)はっはっはっ(笑)

オークラ:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:そういうことなんだよね(笑)

オークラ:はい。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事