東野幸治、『伊集院光 深夜の馬鹿力』の裏で『東野幸治のオールナイトニッポン』を担当することへの意気込みを語る「片道ガソリンの特攻隊の精神で」

2020年9月16日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第68回にて、お笑い芸人・東野幸治が、『伊集院光 深夜の馬鹿力』の裏で『東野幸治のオールナイトニッポン』を担当することへの意気込みを語っていた。

東野幸治:(オールナイトニッポンお笑いウィークに)末席でございますけども、座らさせていただいて、幻民の皆さんとともに、月曜日はちょっとやりたいと思います。

ただ、難点と言いますか、このメンツの中で唯一、孫がいてるパーソナリティ。唯一、聴いてる層が30代、40代。1時から聴けるのかなって心配。次の日仕事、子育て、大変やと思います。できる限り、生で聴いて欲しいな。まぁ、無理にとは言いませんけれども。やりたいと思いますし。

あと、月曜日と言えばね、裏のTBSラジオではラジオ界の帝王・伊集院さん。伊集院光さんの『深夜の馬鹿力』、一番凄いんでしょ。

その真裏ですよ。片道ガソリンの特攻隊の精神でぶつかりに行かなアカンのでしょ、戦艦に。木っ端微塵に吹っ飛ぶんやろうなぁ。

『深夜の馬鹿力』が凄すぎて、誰も引き受けてくれなくて、俺に白羽の矢が立ったのかもしれませんけど。こっちは映画『キングオブコメディ』の気持ちですから。

最終的には、深夜2時50分ぐらいには、伊集院さんをガムテープでぐるぐる巻きにして、犯罪スレスレで喋りたい、ぐらいの気持ちでやっておりますし、どうするかも分かりませんけども。嬉しい限りでございます。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事