加藤浩次、「信用できない」ディレクターの特徴について語る「『昔みたいなことやりたいっすね』と言うディレクター」

2020年9月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、「信用できない」ディレクターの特徴について語っていた。

加藤浩次:スタジオって恐ろしいもんでさ、技術さん、スタッフ含め、「加藤、そんなもん?」みたいな。

佐久間宣行:分かります。

加藤浩次:そういう空気作るでしょ?佐久間君。

佐久間宣行:作っちゃうんですよ。だから結局、演者が勝手にやったってことはなくて。

加藤浩次:うん。

佐久間宣行:演者はディレクターと技術に笑って欲しくてやるから。

加藤浩次:うん。

佐久間宣行:だから、それは本当に連帯責任だと思います、なんか起きたら。

加藤浩次:佐久間君もキラキラした目で、「いや、これ面白くないですか?」って。

佐久間宣行:ふふ(笑)キラキラ詐欺(笑)

加藤浩次:やる気になるんだよ。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)手を叩いて笑うしね(笑)

加藤浩次:うん。笑ってくれるしさ。

佐久間宣行:はい、はい。

加藤浩次:そしたら、「もっと、もっと」ってなって、麻痺するんだよね。

佐久間宣行:うん。

加藤浩次:だから、「昔はよかった」とは、俺はあんま思わないんだよね。

佐久間宣行:分かります、分かります。昔は昔で、軌道修正というか、バランスとれる企画にしてたら、急に叩かれたなってことはないってことですよね?

加藤浩次:ない、ない。そういうこと。ドンドンエスカレートしてって、それで怪我人が出たりとかってことになっちゃうんだよね。

佐久間宣行:うん。だから、急にうるさくなったな、みたいなことを言う人いるけど、それは違うって僕も思います。

加藤浩次:だから、「昔みたいなことやりたいっすね」とかって言うディレクターは、俺、信用しない。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:ふふ(笑)

佐久間宣行:それはね、若林君も言ってました。

加藤浩次:ああ、そう。

佐久間宣行:「めちゃくちゃやっちゃいましょうよ」ってタレ打ちで言ってくるディレクター、「大体、ちゃんとしてない」って言ってました(笑)

加藤浩次:そうなんだよ、そこはやっぱり抑えなきゃいけないんだよね。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事