加藤浩次、今田耕司が『殿様のフェロモン』で凄まじくピリついていたように自分も『本能のハイキック』で「殺し屋のようだった」との指摘に「同じような感じか(笑)」

2020年9月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、今田耕司が『殿様のフェロモン』で凄まじくピリついていたように自分も『本能のハイキック』で「殺し屋のようだった」との指摘に「同じような感じか(笑)」などと発言していた。

加藤浩次:『殿様のフェロモン』では、ナインティナインも、よゐこも俺らも、一緒になんかやるっていうか、「自分が」みたいな。

佐久間宣行:ああ、なるほど。

加藤浩次:何もできなかった覚えあるよ、だから当時。なんかやると怒られるし。

佐久間宣行:でも、加藤さんこう言ってるじゃない、『殿様のフェロモン』で今田さんがすげぇ怖くて、加藤さんとかが「緊張伝わってた」って。

加藤浩次:うん。

佐久間宣行:俺、全く同じ話を2週間前に、劇団ひとりとおぎやはぎが、「『本能のハイキック』の時の極楽さんヤバかったよな」って言ってましたよ(笑)

加藤浩次:はっはっはっ(笑)やっぱ、そうなのかな(笑)

佐久間宣行:言ってましたよ。「CM中のとかも、二人の顔が殺し屋の顔してて」って(笑)

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:『殿様のフェロモン』は今田さんがセンターにいて、極楽さんとか『とぶくすり』メンバーが若手枠だったんですね。

加藤浩次:はい、そうです。

佐久間宣行:同じ枠で、数年後に極楽とんぼが今田さんの枠に座った番組が始まったんですよね。それが『本能のハイキック』って番組で。

加藤浩次:はい、はい。

佐久間宣行:で、その時に若手ポジションにいたのがおぎやはぎとか劇団ひとりとか、あとケンコバさんとかですか?

加藤浩次:ケンコバじゃない、ハロバイ。

佐久間宣行:キングコングもいたのか。

加藤浩次:キングコングいて、あとハロバイ。あと、G MENS。

佐久間宣行:あ、G MENSだ。

加藤浩次:ザコシショウよ。

佐久間宣行:ザコシショウですよね。

加藤浩次:だから…みんな売れてんだよね。

佐久間宣行:その時、(おぎやはぎ・劇団ひとりが)言ってましたけど、「あの時の極楽さんは、始まる前のピリつき具合、殺し屋だった」って言ってましたよ(笑)

加藤浩次:じゃあ、同じような感じか(笑)

佐久間宣行:同じですよ。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事