山里亮太、吉本興業・岡本社長のグダグダ・意味不明な涙の会見に「中身、女子高生と入れ替わってるのでは」と皮肉

2019年7月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、吉本興業・岡本社長のグダグダ・意味不明な涙の会見に「中身、女子高生と入れ替わってるのでは」と皮肉っていた。

山里亮太:『スッキリ』に行きましたら、もう加藤さんの言葉ですよ。本当に覚悟を決めた人間の言葉。あれは凄いね。

もう、ピンピンに届いちゃってさ。「こりゃあ、凄いなぁ」って思って。で、俺は何もできないからさ、本当に。「凄ぇなぁ、加藤さん」って。で、「この声ってのはちゃんと届くかなぁ」って思いながら。

すると、会社も記者会見をするっていうことで。で、記者会見。ニュースはそれ一色よ。大丈夫?そのニュースばっかだったじゃん。そのニュースの裏で、コソッとなんかとかなってないのかな。

こういう時、大体そうなるじゃん。そういうのとかさ、責任感じちゃわない?弊社。大丈夫かね、それは皆さんもちゃんと見ていかなきゃダメよね。

で、それをさ、見たら…まぁもう、あとは皆さんが思うニュースの通りですよ。凄いよね。「うわぁ、そうか」と。「なるほどなぁ」って。「こんな感じになる?」と思って。

俺、あまりのことにさ、ちょっと山里説言っていい?これ、当たってる可能性あるんだけど。直前に岡本社長、女子高生と入れ替わっちゃったんじゃない?

昔ね、『民王』っていう、菅田将暉さんがやってたの、総理大臣のお父さんと入れ替わっちゃって、総理大臣の挨拶する時、あんな感じになんのよ。もう、全然まとまってなくてね。無茶苦茶言っちゃうっていうドラマがあったの。

それ思い出した。急に泣いちゃったりとかするところとかさ。みんなね、女子高生だと思ったら、結構、分かんない?怖いじゃん、だっていきなり大人の人いっぱいいてさ。で、みんなはさ、中身も全部社長だと思ってるけど、中身、女子校生なんだから。

で、見てさ。「え?私、分かりません」って言うけど。多分ね、上層部何人か会ってると思うよ。異様に落ち着いた女子高生。「大丈夫だから。ここ乗り切ったらエエねん。イケるやろ、おらぁ」って。

不思議だなぁって思った社員は多分、いると思うんだけど。「言ったらエエねん。ここらへん、思い入れあるところやからな、泣くねん」みたいな。「無理です、無理です」みたいなことを言って、中身女子高生出た説ね。

…っていう説が。僕は今、怒られる対象になってますか?大丈夫かな。説ね(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事