伊集院光、山田五郎が番組収録中の暑さにやられて女子アナに「そんなことも知らねぇのか、お前は」と暴言を吐いてしまっていたと明かす「暑さでイッちゃってる五郎さんが」

2020年8月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、タレント・コラムニストの山田五郎が番組収録中の暑さにやられて、女子アナに「そんなことも知らねぇのか、お前は」と暴言を吐いてしまっていたと明かしていた。


ザ・会議室

伊集院光:下半身のところに氷でビッショビショ(笑)股間ビッショビショのまま、「高度経済成長期に入る前の東京は…」みたいな話をずっとしてる番組。

伊集院光、山田五郎とともに番組収録で「下半身をビッショビショ」にしながら真面目なトークをしていたと明かす「映らないことをいいことに…」

だから、行くまで別に野外ロケじゃないから、あんま何にも考えてなかったんだけど、行ってみたらそうか、ハウススタジオっていうことは、そういうことなんだっつって。

途中から五郎さん、変なテンションになってて。「俺はよう…」って言い出してたよ、もう(笑)多分、求めてるのはカッチリとした方の五郎さんなの。

五郎さんって、結構色んな硬軟できるんですよ。きちんとしたお話、たとえばNHKの美術史の番組で、きちんと美術を語ることもできれば、みうらじゅんさんと「俺はよう…」のトーンもできれば、『アド街ック』で、その中間ぐらいできるんだけど、もう完全に「そんなことも知らねぇのか、お前は」みたいな(笑)

BSの若いアナウンサーさん、分かんないわけ。だって、もう生まれた時から電話は携帯です、みたいな子じゃん。そこにさ、五郎さん60代だよね、多分。五郎さんが若い頃育ってきた時代。

たとえば面白かったのが、学研の倉庫から出てきた、働くおじさんみたいなVTR。昭和40年代中盤、だから僕が子供の頃、リアルタイムで見てた働くおじさん的なやつが出てきて。

そうするとさ、改札口にオジさんがいて、ハサミをパチパチやっているっていう。俺にとっては全然当たり前の映像。五郎さんにとっても当たり前の映像じゃんか。でも、初めて電車乗った記憶でピッてやってる子なのよ。

だから、あのオジさんが何なのかも分からないし、手に持ってるハサミで、何をしてるのかも分からないわけ、当然。それに対して、暑さでイッちゃってる五郎さんが「そんなことも知らねぇのか、お前は」って(笑)

あと、途中で急にテンション下がって、「年をとるわけだわ」なんて言い出してる謎の番組(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事