オードリー若林、『有吉の壁』でパンサー向井が向いていないことを自覚しながら「それでも行くしかない」と果敢に挑んでいる姿に感動「胸が熱くなるね」

2020年8月25日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、日本テレビ系の番組『有吉の壁』で、パンサー・向井慧が向いていないことを自覚しながら、「それでも行くしかない」と果敢に挑んでいる姿に感動していると語っていた。

向井慧:お笑い好きだから、辞めたくないんですよ。

若林正恭:うん。

向井慧:で、食えてるし。で、辞めないために自分のMAXどう叩き出せるのかってやってるだけっていうか。

若林正恭:ああ(笑)

菅良太郎:だとしたら本当に申し訳ないよな。お笑い、雑に抱いてたかも。

若林正恭:はっはっはっ(笑)カッコイイ(笑)

向井慧:言ってみてぇ。

若林正恭:カッコイイ(笑)切ないでしょ、この物語。

向井慧:切ないですよね。でも、しょうがないですもん。自分の能力は変えられないんで。

若林正恭:だから、『有吉の壁』とかの向井君のムーブ見てると、やっぱり「それでも行くしかない」っていう。

向井慧:はい。

若林正恭:覚悟が決まってるから、視聴者の方は分かんないけど、俺の中では分かるから、物語になっちゃってんの。

佐藤栞里:へぇ。

向井慧:ふふ(笑)

若林正恭:有吉さんって、そういうところ見てくれるし。

向井慧:はい。

若林正恭:向井君が、なんだろうなぁ…裸一貫で後頭部を打ちに行ってるっていうのが。

向井慧:ふふ(笑)

若林正恭:俺は本当ね、胸が熱くなるね。

向井慧:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:笑ってりゃいいんだよ、別に(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

尾形貴弘:楽しくね。

春日俊彰:そう、楽しく。

若林正恭:それは、尾形と春日には分からない。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:お前たちはお笑いに愛されてるから。

向井慧:愛されてるよなぁ。

若林正恭:本当に思う。

向井慧:羨ましいっていうか、凄いなって単純に思いますもん、やっぱそこは。

若林正恭:凄いよね。

向井慧:はい。

春日俊彰:抱える思いがあるわけだね。それを栞里君に聞かれてていいのかっていう(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

尾形貴弘:そうですよね、笑えなくなりますよ。

春日俊彰:そうよ。「向井君頑張ってんな」って。

佐藤栞里:それも込みで。ドキュメンタリーとして。

若林正恭:ドキュメンタリー?(笑)

向井慧:俺だけ(笑)

春日俊彰:どうする?デロデロになってやり終わった後、栞里ちゃんが泣いてたら。

佐藤栞里:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「向井君、頑張ってるぅ~」って。それは有吉さんも困るだろうから(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事