神田伯山、ダチョウ倶楽部・上島竜兵は一度共演すると名前をしっかり覚えていて次回会った時には名前を呼べると明かす「業界長い人って凄い」

2020年8月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、ダチョウ倶楽部・上島竜兵は一度共演すると名前をしっかり覚えていて、次回会った時には名前を呼べると明かしていた。

神田伯山:意外にダチョウ倶楽部の上島さんとかって、やっぱできた人だから。業界長い人って凄いのはさ、ああいうキャラクターなんだけどさ、1回何か仕事で会って、次回会った時に「ああ、○○君」って、すぐに名前とかちゃんと言ってくれるんだって。

そういうの大事じゃん。俺も考えたら、歌丸師匠とかに、前の名前の「あ、松之丞君」って言われると嬉しかったもん。小遊三師匠とかにも、「松之丞はなぁ」とか。

だけど、自分はさ、いざ真打ちとかになってさ、まぁ、俺に言われても嬉しくはないだろうけどさ、なんか前座のこととか、固有名詞とかでさ、呼びたいんだけど、一切出てこないんだよ。

「あの…中肉中背のあの、高座の上下の下が荒い奴は…」っていう。そっちの方の、人を傷つける覚え方してるっていう(笑)

「なんか、東京出身じゃないアイツ」っていう(笑)「訛りあるな」みたいな(笑)だから、そういう自分がされて、うれしかったことは下にも返さなきゃいけないんだ、みたいな。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事