山里亮太、『たりないふたり2020 夏』で放送できないようなことまで発言してしまい編集中の安島Pが「ダメだ、何も分かんない、全部出す」とツイートしたことに恐怖

2020年8月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『たりないふたり2020 夏』の収録で、放送できないようなことまで発言してしまい、編集中の総合演出・安島隆が「ダメだ、何も分かんない、全部出す」とツイートしたことに恐怖したと語っていた。

山里亮太:楽しいのよ。むっちゃくちゃ楽しい。ずっとでもできるのよ。本当に楽しすぎるから。でも、楽し過ぎると、どんどんブレーキがバカになってきちゃって。

本当だったら「それ広げてどうすんだ」とか「それ、言えるわけねぇだろ」っていうのが、楽しいとそのブレーキがなくなっちゃって。

結構まぁいいやと思って。生放送ではございません。全部、その地図歩こうじゃないかって。あわよくばその地図にね、「描いたお前も歩いてみろ」って引っ張り出す。引っ張り込んで。

で、そのやりとりで、若ちゃんが急にパッと止まって、「これ、設定で使えるか」みたいな感じで。だから、若ちゃんは地図の歩き方を見て、「あ、これいつかできる漫才に、このテイストで、もっとこういうふうにしたらいいだろう」っていうのを作っていくっていうスタイルなの、あの人の漫才の作り方は、『たりないふたり』ではね。オードリーの時は、全部書いて覚えるみたいな感じだけど。

で、それをやっててさ。もうそうなってきたら、奴が出したトスに対して打たないってことがもう申し訳ないのと、俺の参りましたでしかないと思うの、それは。

だから全部、描く地図歩いてきたの、一生懸命。あの子の頭の中にある。で、明らかにこれはスタジオ内にいる人たちは笑ってるし、若ちゃんも笑ってる。でもこれは、世に出せないかな、みたいな。でも楽しいから止まれないっていう。で、2時間半やって。

帰りに総合演出の人に「楽しかったですね、今日。ただ、言ってもちょっとねぇ、たりないふたりの悪いところで。ライブな感じになっちゃってたな」って。あるじゃない、ライブ会場の中のお客さんと共犯で一緒にやる楽しいポイント。それは言ったら、今、お客さんとか入れられないから、スタッフさんがお客さんじゃない。スタッフさんであり、お客さんである。

その人たちの笑い声を聞く、そこがゴールだねっていうのもあったのよ。で、総合演出の安島さんに「あそこはね…」って。「でも、大丈夫。そこは『たりないふたり』10何年やってきてるから、分かってるよ。大丈夫」って。

Huluで見る-たりないふたり2020 春夏秋冬 -春-

「あ、そうですよね。ありがとうございます」って言って、来て。で、さっき安島さんのツイートを見てビックリしたのよ。「ダメだ、何も分かんない、全部出す」って書いてあった(笑)

怖いのよ、怖いのよ…。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事