よゐこ有野、小倉優香がラジオ番組のエンディングで突然降板宣言を行ったのは「本番前のアイドリングトークがなかった」ことが要因ではと指摘

2020年8月3日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が、小倉優香がラジオ番組のエンディングで突然降板宣言を行ったのは「本番前のアイドリングトークがなかった」ことが要因ではと指摘していた。

有野晋哉:本番前に、ちょっとアイドリングトークみたいなのがあれば、「じゃあ、オープニングに話そうか、それ」って言えてたと思うのね。

鈴木拓:はい。

鈴木美羽:ああ。

濱口優:だから、水曜日のメンバーは、その本番でよーいどん、で喋るタイプやったんじゃない?

谷まりあ:ああ。

鈴木拓:なるほど。

鈴木美羽:どうなんだろう。

鈴木拓:今日、でもなんか始まる前、有野さんはリモートですけど、みんなで前室で始めてじゃないですか、あんな会って「今日、どうします?」って話してて(笑)

濱口優:俺は、美羽ちゃんおって、つっきーもおってんな。

若月佑美:はい、いました。

濱口優:で、谷も鈴も来てなかったの。

鈴木拓:はい、はい。

濱口優:で、「谷と鈴待ってから決めるけど、今日、どうする?イジる?」って(笑)

鈴木拓:それは珍しいことで。実は、結構前から、たとえばさや姉の時とか、有野さんと僕と谷ちゃんとさや姉はいつもかたまってて。で、濱口さんだけちょっと離れて楽屋の方にいらっしゃるじゃないですか。

濱口優:うん、うん。

鈴木拓:このメンバーになってから、濱口さんもたまりにも来るようになって。

谷まりあ:そうなの、思った。

鈴木拓:そこからみんなでアイドリングトークみたいな。

濱口優:ああ、そうね。

谷まりあ:むしろ最初来た時は、「ちょっと話しかけないでね」オーラがあったから(笑)

鈴木拓:有野さんありましたよね?話しかけないでオーラ、濱口さんにね。

有野晋哉:ああ、濱口さん?濱口さんは古いタイプの芸人やから、「俺、本番でパフォーマンス発揮しますんで」みたいな。

濱口優:はっはっはっ(笑)それもあるし、俺、喋っちゃうし。

鈴木拓:ああ、そうね。

鈴木美羽:ラジオで話すことを。

濱口優:そう。「話したいことあんねん、今日」って。それを喋ってまうのよね(笑)

鈴木拓:ふふ(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事