ハライチ澤部、『ザ・ベストワン』では事前にどのネタをやるか知ることができて「こんなに落ち着いた気持ち」で臨めるのかと実感「M-1予選ですら知らないまま行って…」

2020年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、TBS系の番組『ザ・ベストワン』では、事前にどのネタをやるか知ることができて「こんなに落ち着いた気持ち」で臨めるのかと実感したと語っていた。

澤部佑:この間、久しぶりですね、ネタ番組ね。

岩井勇気:ああ、出たね。

澤部佑:めちゃくちゃ久しぶりだよね、TBSの『ザ・ベストワン』っていう、今田さんと鶴瓶師匠と。今回、本田翼ちゃんMCでね、やってるのに出させていただきまして。

岩井勇気:はい。

澤部佑:基本、ネタなんていうのは、当日まで何をやるか知らない。M-1の予選とかも、何をやるか知らないまま行ってるんですけどね。

岩井勇気:普通、そうですもんね。

澤部佑:いや、普通は違うんですよ。

岩井勇気:え?

澤部佑:普通、ネタ合わせて行くんですよ。

岩井勇気:いやいや、そのはずですけどね。

澤部佑:え~?違うんですよ(笑)

岩井勇気:ふふ(笑)

澤部佑:ただ今回はさ、ネタの前に事前VTRが流れるんだよね、どういうネタやりますか、みたいなの。

岩井勇気:はい。

澤部佑:その事前Vをとってて、その時に聞いてるから、あらかじめネタ知ってたんだよね、俺。

岩井勇気:ああ。ちょっと前にね。

澤部佑:久しぶりにネタ知った状態で行けるんだ、こんなに落ち着いた気持ちなんだって思ってさ(笑)

岩井勇気:ふふ(笑)

澤部佑:いつもドキドキして向かってるからさ。

岩井勇気:うん。

澤部佑:で、久しぶりのネタ番組で、楽しみで。



ハライチのターン

本日の人気記事