麒麟・川島、博多大吉とともに『ゴッドタン』で「性格が悪く、闇がある」キャラを見出されたと告白「佐久間Pが他番組で上品に振る舞ってる僕らを見て…」

2020年7月28日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、博多大吉とともに『ゴッドタン』で「性格が悪く、闇がある」キャラを見出されたと告白していた。

川島明:でも、そこ(麒麟・川島、『アメトーーク』企画プレゼン大会がきっかけでピンの仕事が舞い込むようになったと告白「1位、2位を両方獲得して」)から便利屋みたいになっちゃって、自分の中では。

若林正恭:便利屋(笑)

川島明:リングの上でやってくれていいけど、場外には出るなよ、みたいな。

若林正恭:ああ、そっか。ベビーフェイスだし。

川島明:ヒール来たら、受けろよっていう。

春日俊彰:試合作る人で。

川島明:それで、「いや、コイツはこんなわけない。コイツ、もっと性格悪くてもっと闇があるから」って呼んでくれたんが、この男(佐久間宣行プロデューサー)。

若林正恭:闇市場で(笑)

川島明:『ゴッドタン』で、佐久間さんが他の番組で僕と大吉先生が上品に振る舞ってる姿を見て、「いや、目の奥が笑ってない」って。

若林正恭:分かっちゃうから。

川島明:「真っ黒い、闇属性の2人だから」って、「上品芸人ハメ外し倶楽部」っていうのをやって。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)なんだ、その企画(笑)

川島明:僕ら2人が初めて主役にしていただいて、「ひな壇でいつも我慢してることバーンって言ってくださいよ」って。

若林正恭:ああ、それで。

川島明:それで爆発させてくれたおかげで、他の番組でもそうやって、過激派の番組企画を呼んでもらえるようになって。

若林正恭:だから、佐久間さんには、他の番組で手榴弾でパンパンになってる芸人、見えるんでしょうね。

川島明:見えてるんですよ(笑)帰る時、パンパンになってんのを(笑)

若林正恭:爆発させないからね(笑)

川島明:テレ東で全部爆発させられて(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事