麒麟・川島、『アメトーーク』企画プレゼン大会がきっかけでピンの仕事が舞い込むようになったと告白「1位、2位を両方獲得して」

2020年7月28日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、『アメトーーク』に呼ばれるようになったきっかけは、相方・田村裕の『ホームレス中学生』バブル時に出場したR-1ぐらんぷり決勝進出だったと告白していた。

川島明:『アメトーーク』も、運動神経悪い芸人でちょいちょい呼んでいただいて。

春日俊彰:ああ、はいはい。

川島明:それで一回呼んでもらったのが、プレゼン大会を。

若林正恭:はい、はい。

川島明:で、コバさんとか、サバンナ高橋さんとかがいる中で、その時がベタに「エエ声芸人」っていうのと、「先輩に可愛がってもらえない芸人」っていう。真実の2つを。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

川島明:めちゃくちゃネタを食って、食って、頑張って、頑張って。

若林正恭:そういう時の『アメトーーク』に呼んでいただいた時は食いますよね。

川島明:いや、食ったね。

若林正恭:俺も、じゃない方芸人と人見知りで呼んでもらった時は、背負ってるバズーカの数、ハンパないですもんね。

川島明:ハンパやない(笑)めちゃくちゃ、手榴弾入れてるし。足のところにもナイフ入れて。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「絶対仕留めてやろう」っていう(笑)

川島明:絶対殺したんねんって。だって、コバさんそれで売れた。サバンナ高橋さんも。

若林正恭:本当そうですよね。

川島明:それで雨さんにもお世話になって。あれ、投票制じゃないですか。

若林正恭:はい、はい。

川島明:それで、1位と2位が俺やったんです。

春日俊彰:へぇ。

川島明:それで初めて、『アメトーーク』さんも「凄いね」って。

若林正恭:バズーカと手榴弾が爆破しましたね。

川島明:全部当たった。

若林正恭:全部当たりましたか(笑)

春日俊彰:加地さんが吹き飛んだ(笑)

川島明:全部、当てさせていただいたっていうか。凄い救われた、その夜から。



あちこちオードリー

本日の人気記事