神田伯山、松本幸四郎が「開演1時間前」に中村吉右衛門の代演を頼まれて引き受けたことに驚く「一回もやったことのない2時間ある『沼津』を…」

2020年3月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田伯山 問わず語りの伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、松本幸四郎が「開演1時間前」に中村吉右衛門の代演を頼まれて引き受けたことに驚いたと語っていた。

神田伯山:歌舞伎の代演、面白いよね。結構、そういうのあるらしくって。今の吉右衛門さんが、舞台、「1時間後に始まるよ」ってなってる時、お腹痛いかなんか、病状が悪くなって、「もう無理」ってなったんだよね。

で、急遽…歌舞伎って乱暴でそこがまた面白い世界なんだけどさ。幸四郎さんに代役頼んだんでしょ?で、幸四郎さんはそれをやったことねぇってんだよ、それを(笑)『沼津』っていう、結構有名なやつなんだけど。

その『沼津』が2時間あるんだけど、1時間で台本覚えたんでしょ?凄くない?で、幸四郎さんもガキの頃からやってるから、『沼津』ぐらいって思ったけど、一回も『沼津』をまずやってないんだよね。やってないし、幸四郎さんもあんまり覚えてなかったらしいのよ。

自分がやらなそうだから、そのネタ。「まぁ、あと10年か20年後ぐらいに初演できれば、みたいに思ってたんでしょ。それが、吉右衛門さんがお腹痛い、痛いってなっちゃって。

で、ウチのディレクターの戸波さんも言ってたんだけど、時間軸おかしいんだよね。2時間分の芝居を、1時間で覚えるっておかしいじゃん。で、その幸四郎さんも…死ぬほど緊張したろうなぁ。

でも、絶対頭ん中で、「俺のせいじゃない」って思ってるよね(笑)なんでやめさせないの?休演だろ、どう考えても(笑)いねぇんだから、他に(笑)幸四郎さんがフラフラ歩いてたんだろうな、多分。稽古場かなんかにいて、松竹の人が「すみません、ちょっと沼津やって…」「ええ?!」っていう。

「やったことないよ、俺」っていう。「いや、やったことなくても、小さい頃から見てるからできるでしょ」っていう(笑)その理屈はねぇだろっていう(笑)

で、幸四郎さんも最初に、告白するシーンがあるんだっけ。で、幸四郎さんも「誰に告白すんだ?」っていう(笑)「3~4人いるけど、誰?」っていう(笑)周りも、歌六さんとかいるんでしょ。名優もいるから、吉右衛門さんのサポーターみたいなのいるから。

「幸四郎、なんとかしなきゃ」って、耳打ちしたりとかでやってて。それがなんか聞いたら、出来良かったんでしょ。出来良いって、「これは急遽の代演だな」ってお客さんも分かってて、空気感的に「頑張れ、頑張れ」みたいな感じで。

もちろん、幸四郎さんも本当の素人じゃないから、『沼津』の流れは知ってるし、台本はきっちり覚えてないけど、「大体、こうなる」っていうのは知ってるじゃん。だから、「終わりよければすべてよし」みたいな感じて行って、臨んで上手くいって。

いや、だから面白いなぁ。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事