ハライチ岩井、博多大吉はネタを書いている「漫才師」である一方で華丸は「ネタ受取師」だと発言

2020年7月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、博多大吉はネタを書いている「漫才師」である一方で華丸は「ネタ受取師」だと発言していた。

岩井勇気:本当に大吉さんと、ノブさんとかとさ、もう漫才の話とかを結構、もう…内情のことを話したから、話すようなことじゃないけど。

澤部佑:大吉さんもするんだ、そういう話。

岩井勇気:うん、してたね。深い話、結構してさ。

澤部佑:へぇ。

岩井勇気:あの人、書いているからね。

澤部佑:うん。

岩井勇気:で…

澤部佑:なに?

岩井勇気:あの人、書いている人だから(笑)

澤部佑:ふふ(笑)いちいち要る?今の何?

岩井勇気:いや、あの人はネタ書いてらっしゃる人なんでね。

澤部佑:何?いや、まぁまぁ…

岩井勇気:まぁ、華丸さんは受取師っていう話にはなりますけど(笑)

澤部佑:はっはっはっ(笑)先輩に(笑)大先輩にダメよ、突きつけちゃ、その称号(笑)

岩井勇気:華丸さんのピンネタとかも書いてるからね、多分ね、大吉さんが。

澤部佑:ああ、あったね。R-1優勝した時とかもね。

岩井勇気:そう、そう。



ハライチのターン

本日の人気記事