伊集院光、Netflixアニメ『日本沈没2020』がシーズン1で完結していることに安心感「シーズン2が始まった時に、まるっきりシーズン1を忘れてる…」

2020年7月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、Netflixで配信中のアニメ『日本沈没2020』がシーズン1で完結していることに、安心感を覚えたと語っていた。

伊集院光:で、ちょっと思ったのは、Netflixとか配信系の結構丁寧に作ってる、お金かかってる系のアニメいっぱいあるじゃないですか。

凄いアニメファンの人は、深夜アニメとかオリジナルのDVDとかみんな追っかけてるでしょうから、そこの人たちと感じる事情とは違うと思うんですけど。やっぱカネかかってるな、ちゃんとしてるアニメみんな作ってるなってなるんだけど。

『7SEEDS』かなんかを見たときに、「シーズン1終わり」ってなって、何も解決してないっていうか。Netflixって、いっぺんにドンッて見せてくれて、今回の『日本沈没2020』もいっぺんにドンッて見せてくれるんだけど。

シーズン1とは言うものの、「途中じゃん」みたいなのが結構増えてきて。そうなってくるとさ、5時間の1本のアニメを見て、続きをずっと待たされてる感じに、俺は『7SEEDS』はなって。

で、もうおじいちゃんだから、こっちは。一番ルーキーのおじいちゃんのところに入ってっから、52歳だから(笑)

で、待たされてシーズン2が始まった時に、まるっきりシーズン1を忘れてるっていう(笑)「なんでこんなことになったのかが分からない件」みたいのがあって。で、ちょっとそれが『日本沈没2020』も不安で。

これなんか「急に終わられたら…」と思ったら、ちゃんとシーズン全部見ると、一応完結になってる感じでしたね。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事