キングコング梶原雄太、今のテレビ界では「居場所、戦う場所がない」と感じていると告白「出てもやっぱり結果残せない」

2020年7月11日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、今のテレビ界では「居場所、戦う場所がない」と感じていると告白していた。

劇団ひとり:梶原君の悩みは「今のテレビでは居場所、戦う場所がない」と。

梶原雄太:これでしょ。

小木博明:そんなことないでしょ?

矢作兼:どういうこと?

梶原雄太:いや、要は一足先に西野が言ったと思うんですけど、何年も前に「ひな壇に僕はもう出ない」って言ったと思うんですけど。

劇団ひとり:ああ。

梶原雄太:その時、僕はよく分かってなくて、頑張ってひな壇に出ようとしてたんです。

小木博明:はい、はい。

梶原雄太:けど、出てもやっぱり結果残せないんです、向いてないんで、僕もひな壇。

劇団ひとり:そんなことないよ。

矢作兼:でも、一人で喋るよりはいいでしょ?

梶原雄太:一人で喋るよりは楽ですよ。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

梶原雄太:一人で喋んのが一番難しいですから(笑)



ゴッドタン

本日の人気記事