スピードワゴン小沢、親友・チュートリアル徳井のM-1でのネタは「ボケではなく世界観を見せた」ことに凄さがあると語る

2019年9月28日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)の「お笑いを存分に語れるBAR2」企画にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、チュートリアル・徳井義実のM-1グランプリでのネタは、「ボケではなく世界観を見せた」ことに凄さがあると語っていた。

劇団ひとり:山内さん、M-1の中で好きな漫才は?

かまいたち・山内健司:僕は、チュートリアルさんの「チリンチリンのネタ」は、普通に自分も参加してた大会で、負けて見てたんですけど。

劇団ひとり:うん。

山内健司:めちゃくちゃ面白くて。何回か見直したのは、本当にこれが初めてだったかもしれないですね。

小沢一敬:ちょうど家で見てたの。もう出てなかったから、M-1。

劇団ひとり:うん。

小沢一敬:今までの漫才師はボケを見せたの。チュートリアルは、世界を見せたの。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

飯塚悟志:ああ。

劇団ひとり:なるほど。

小沢一敬:俺は本当にそう思ったの。

飯塚悟志:なるほど。

小木博明:そうだね。

小沢一敬:俺は本当に、歴史に残る漫才って思ってるのは、2005年のブラマヨ、2006のチュートリアル、2001のおぎやはぎだと思ってて。

矢作兼:ふふ(笑)

小沢一敬:おぎやはぎの漫才、50点って評価を出したけど、今見ても面白いのはおぎやはぎだから。おぎやはぎの漫才だけなの。全く話が進まないの。

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

小木博明:ふふ(笑)

小沢一敬:全く話が進まない漫才って、多分、今見た方が面白いと思う。

矢作兼:でも、チュートリアルに関しては、ああいう徳井さんみたいなああいうザ・イケメンで、ああいう表情でボケるのって、全然笑えなかったの、普段。徳井さんだけだもんね。

小沢一敬:ねぇ。

矢作兼:カッコイイのに笑えた。だから上手いこといったと思うのは、ボケじゃなくて、世界なんだね。



ゴッドタン

本日の人気記事

本日の人気記事