オードリー若林、『アメトーーク』小物MC芸人は企画案の段階で千鳥・ノブとの食事会で話したら盛り上がったと明かす「いや、めっちゃあるわぁ」

2020年7月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『アメトーーク』小物MC芸人は企画案の段階で千鳥・ノブとの食事会で話したら盛り上がったと明かしていた。

若林正恭:『アメトーーク』小物MC芸人っていうのをやったんですけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:あれはでも、「若林持ち込み企画」って、さも俺が企画書の束を持ってね、『アメトーーク』さんにお願いしたようになっちゃいますよね、やっぱりね。

春日俊彰:まぁ、そういうイメージがね。

若林正恭:これ実際にありがたい話で、なんかこう「最近、話したいこととかありますか?」って、訊いてくれるんですよ、これありがたいことに。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:で、考えて。「まぁ、でも普段の仕事のことが一番喋らせてもらえるのかな?」って思ったから。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:ただ、タイトルが分からない、くくりが。

春日俊彰:くくりが。なんとか芸人ね。

若林正恭:で、ノブさんとご飯食べさせてもらった時に、ノブさんに話したら「いや、めっちゃあるわぁ」って話で、ノブさんと喋ってくれて、盛り上がって。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:っていう流れがあったんだけど。なんか自分にはなんでそういうことが起こるのかなぁと思ったら、やっぱこの「クラスの三軍感」というか、器的に言うと、なんか「器が小さいのに、ラッキーでね、進行やらせてもらってるからなんだろうな」って思ったから。

春日俊彰:うん。

若林正恭:自分のことしか考えてなくて。「俺が小物だからなんだろうな」っていう。

春日俊彰:うん。

若林正恭:大物・小物っていうより、俺のサイズ感で、だからその後呼ばれる人がいるんだよってところまで考えれなかったのよ。

春日俊彰:なるへそ、そういう名の下に集められる他の芸人さんがってことね。

若林正恭:「中間管理職芸人」、なんかキャッチーじゃないし、「大物になり損なってるMC芸人」じゃなんか語呂悪いし、みたいなので、「小物MC芸人が分かりやすい」っていうのがあるじゃん、そういうの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、俺がそれを言ったら、オファーされる人がいるんだもんね(笑)

春日俊彰:そうだね、そういうことだよね、スタッフさんがね…オンエアでも言ってたけど、「小物MCって誰だ?」って言って、「散れ!」って探しにでかけさせられて、集めてくるってことだからね。

若林正恭:そうだよな(笑)だから申し訳ないなぁってずっと思ってたよ(笑)

春日俊彰:たしかに、それで呼ばれてるわけだからね(笑)

若林正恭:俺のサイズ感なわけで、皆さんは違うからね。



オードリーのANN

本日の人気記事