麒麟・川島、『グッディ』降板した翌年に吉本興業の闇営業騒動が起こり「危っな…」とヒヤヒヤしていたと告白「トレンディの斎藤が真っ暗な顔で映ってた」

2020年7月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、フジテレビ系の番組『グッディ』を降板した翌年、吉本興業の闇営業騒動が起こり「危っな…」とヒヤヒヤしていたと告白していた。

若林正恭:(コメンテーターとしての仕事は)興味はあったの?

春日俊彰:いやいや、コメンテーターなんか来ないでしょうけど。

若林正恭:はい、はい。

春日俊彰:普段からちゃんと生活しなきゃいけないってプレッシャーに耐えられないかなって思って。

若林正恭:ああ、はいはい。

春日俊彰:コメンテーターとして出てたらね。

川島明:そう、そう。なんかあった時、袋叩きに遭うなって俺も思った。

若林正恭:言った以上はそうですもんね。

川島明:そう。だから、僕も『グッディ』やめた次の年が吉本の闇営業騒動やから、「危なっ…」思って。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

川島明:こんなんワイプでさ、社長の会見とか(笑)

若林正恭:一番聴きたいですもんね、川島さんに(笑)『グッディ』だったらもしも。

川島明:そう。「どうやったんですか?ホンマに社長、こんな人ですか?」とか言われたら。あの時に断ってなかったら…

若林正恭:それで、オンエア見てて、川島さん「危っな…」って思ったんですか?(笑)

川島明:「危っな…」思って。トレンディの斎藤が真っ暗な顔で映ってたよ。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

川島明:ハゲて、ヒゲだけ生やして(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事