千原ジュニア、自分たちとキングコング~第7世代の芸人の決定的な違いについて語る「照れが美談・美学としてあった時代やねん、俺らは」

2020年6月30日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが出演し、自分たちとキングコング~第7世代の芸人の決定的な違いについて語っていた。

千原ジュニア:キングコングぐらいと俺らって、ここってすげぇ違う感じすんねん。

カジサック:凄い違いますね。

千原ジュニア:急に。今、第7世代とか言うてるけど、どちらかと言えば、キングコングとか以降は、その世代。

カジサック:大きく言うと、はい。

千原ジュニア:うん。これ何かって言ったら、やっぱ照れやねん。

カジサック:ああ。

千原ジュニア:照れがあるかないかやねん。

カジサック:なるほど。

千原ジュニア:照れが美談・美学としてあった時代やねん、俺らは。

カジサック:はい、はい。

千原ジュニア:だから、ネタ合わせやってるところ、絶対他の芸人に見せへんとか。

カジサック:ああ、なるほど。

千原ジュニア:うん。だからさっきも言ったように、「テキトーに遊んでまっせ」っていう真剣。でも、真剣って言ったらアカンから、「テキトーに遊んでるだけや」っていう。

カジサック:ああ。

千原ジュニア:でも、俺な、西野の絵本見た時も思ってん。

カジサック:はい。

千原ジュニア:一枚描くのに一週間…

カジサック:60時間。

千原ジュニア:「60時間かけました」って、言うてどうすんねんっていう世代やねん。

カジサック:っていうことなんですよね。

千原ジュニア:「なんか寝て起きたら、こんなん仕上がってたけどなぁ」っていう世代やねん。

カジサック:ああ。



カジサック

本日の人気記事