千原ジュニア、『ざっくりハイタッチ』YouTube版チャンネルを始めたのはフリーになったディレクターに仕事がなかったためと明かす「ほんならみんなでやろうや」

2020年6月29日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが出演し、『ざっくりハイタッチ』YouTube版チャンネルを始めたのはフリーになったディレクターに仕事がなかったためと明かしていた。

千原ジュニア:今は(フォロワー)何人?

カジサック:今は200万人。

千原ジュニア:200万?いや、だから俺はホンマに今日は色々、教えてもらおうと思って。

カジサック:いやいや(笑)

千原ジュニア:吉本では先輩やけど。

カジサック:はい。

千原ジュニア:チュバ兄やから。

カジサック:はっはっはっ(笑)YouTubeの先輩のこと、チュバ兄って言うんですか?(笑)

千原ジュニア:大分、チュバ兄やから。

カジサック:聞いたことない、チュバ兄って(笑)

千原ジュニア:ホンマに今日は色んな教えを乞うて帰ろうと思って。

カジサック:いやいや、とんでもございません。

千原ジュニア:うん。

カジサック:それで言うたら、まず僕、お聞きしたかったのは、『ざっくりハイタッチ』のメンバーさんでやられてるじゃないですか。

ジュニア小籔フットのYouTube

千原ジュニア:はい、はい。

カジサック:あれ、きっかけは何だったんですか?

千原ジュニア:あれはね、ホンマに入り組んだ…入り組んだっていうか、昔から一緒にフットとか、俺とか一緒に番組をやってるディレクターがいて。

カジサック:はい。

千原ジュニア:それがフリーになったわけ。

カジサック:ああ、フリーに。

千原ジュニア:東京で、カメラ一台だけ持って、「なんとかやるぞ!」って、東京出てきたわけ。

カジサック:凄い。

千原ジュニア:で、会社作ったわけ。

カジサック:うわぁ、凄い行動力ですね。

千原ジュニア:うん。で、会社の社名を俺につけてくれって来たわけ。

カジサック:ああ、なるほど。

千原ジュニア:そんなことで、「で、仕事何があんねんな?」って言うたら、「何もない」って言うねん。

カジサック:え?

千原ジュニア:で、「何かやらせてください、たとえばYouTubeとか」って言い出して。

カジサック:ああ、そこで。

千原ジュニア:さすがに、何もないのに会社作って大変やなってことで、「ほんならみんなでやろうや」って言って。

カジサック:え?めっちゃカッコイイじゃないですか。

千原ジュニア:違う、違う。そんなことないんですけど。

カジサック:それで、ジュニアさんの一声であのメンバーが集まったってことですか?

千原ジュニア:いや、だから元々みんな知ってたから。

カジサック:あ、そのディレクターのこと。それがきっかけなんですか。

千原ジュニア:テレ東の深夜で、楽しくやってたわけ。コアな人には凄い好評いただいてたわけ。

カジサック:はい。

千原ジュニア:ほんなら、あることが起きて、それが終わって。

カジサック:終わってしまった。

千原ジュニア:不幸なことで。

カジサック:色々ありましたから。その方も仕事もなくなって。

千原ジュニア:うん。「ほんならエエやんか」って。



カジサック

本日の人気記事