伊集院光、デパートのエレベーターに設けられた人数制限は守ることが困難で「コロナ対策をとってますというポーズのため」だけのルールになっていると指摘

2020年6月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、デパートのエレベーターに設けられた人数制限は守ることが困難で「対策をとってますというポーズのため」だけのルールになっていると指摘していた。

伊集院光:このルール(デパートのエレベーターで5人までという制限を設けるルール)、もはや「やってますのためにしかなくない?」って。

だって、無理だもん、絶対に無理。5人で行って、途中で入ってくる人も、5人乗ってたら乗らないわけでしょ?それで15階に行くなんてことは無理ですよ、基本的に。

だから、これはその「デパート側の作るルールに問題ねぇか?」っていう。「私たちはやりましたよ、ルールを」っていう。「守らない人がいたかどうかは、知りませんが」っていうことと、そのデパートの中に、後ろめたい空気って分かります?

おばあちゃんからもらった図書券で、バチュラーという洋ピンのエロ本を買ったときの。全員がおばあちゃんからもらった入学祝いで、バチュラーを買った感じになってるんです。…おばあちゃんが年金からくれた図書券で買いましたという。その空間になっているんです、昼間のデパートが。バチェラー空間になってるんです。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事