ケンドーコバヤシ、霜降り明星・せいやが自ら「お笑い第七世代」と言い出していることに苦言「ああいうこと自分で言うたらアカンねん」

2019年7月13日放送の2019年7月6日放送の放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、霜降り明星・せいやが自ら「お笑い第七世代」と言い出していることに苦言を呈していた。

ケンドーコバヤシ:安心せぇ。

河井ゆずる:何がですか?

ケンドーコバヤシ:安心せぇって言うてんねん、だから。

稲田直樹:なんでですか(笑)

ケンドーコバヤシ:これだけイタズラ天使コバちゃんが動き出しているということは、安心せぇっていう証拠や。

河井ゆずる:いや、安心できないですよ。

ケンドーコバヤシ:俺が今、せいやを持ち上げているっていう。俺に持ち上げられてる奴は地獄を見るという。

河井ゆずる:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:お笑い界の常識やねんから。

河井ゆずる:ふふ(笑)でも、なかなか落ちないですよ、アイツら。

ケンドーコバヤシ:いや、決定的なミスをしてるから、アレは。

河井ゆずる:え?どういうことですか?

ケンドーコバヤシ:ああいうこと、自分で言うたらアカンねんって。

河井ゆずる:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:人から言われてできていくもんやから。

河井ゆずる:たしかにね(笑)

ケンドーコバヤシ:松坂が一言でも、「松坂世代です」って言うたか?

河井ゆずる:ああ、たしかに。それはホンマにそうですね。

ケンドーコバヤシ:あと、長い歴史で見ればプロレス界でも、「俺たちの時代じゃない、俺の時代だ」って言うたジャンボ鶴田が一番スベったんや。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:そうなんですか。

ケンドーコバヤシ:そうや。あのジャンボ鶴田が、一番スベったんや。

河井ゆずる:そうか。だから、自分で言うのはまた違うっていうことなんですね。

ケンドーコバヤシ:自分で言うのは違う。色々あるよ。世の中に「自分で言うたらアカンぞ、それ」っていうのは。「声枯れるまで」とか。

河井ゆずる:もう、その引き合いに出さんといてください(笑)

ケンドーコバヤシ:「河井さん、声枯れてたで、あれ。立て続けに喋って」「あのライブは声枯れるまでや、ここや」って。

河井ゆずる:ふふ(笑)なんかこっち見てはるなぁって思ったんですよ(笑)

ケンドーコバヤシ:ここやねん。「人呼んで」「またの名を」「A.K.A」、そういうことよ、二つ名というのは。だからや。イタズラ天使コバちゃんももう一つ浸透せぇへんねん。

河井ゆずる:自分で言うてるから(笑)

ケンドーコバヤシ:ふふ(笑)自分で言うてるから(笑)

稲田直樹:そうなんですね。

河井ゆずる:でも、あの「第七世代」ってやつイヤやわ。よう見ますよ、雑誌の。

ケンドーコバヤシ:ああ、雑誌で書いてる?煽るから、マスコミはアホみたいに。

河井ゆずる:アホみたいに。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)アイツアホや、雑誌アホや(笑)

河井ゆずる:よくない。アホでしょ、ホンマに。

稲田直樹:流行ったらエエ思って。

ケンドーコバヤシ:流行ったらエエ思ってんねん。あれ、アホ?

稲田直樹:アホ(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)種撒かんと、実だけ刈りよる?

稲田直樹:はい。僕たちには目もくれず、第七世代しか見てない(笑)

河井ゆずる:ミキ、霜降り、四千頭身…

ケンドーコバヤシ:はい、はい。

稲田直樹:宮下草薙。

ケンドーコバヤシ:EXIT。

稲田直樹:第七世代筆頭でしょ、EXITなんか。

ケンドーコバヤシ:もう怒ってるやん(笑)



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事