山里亮太、木村花の死を受けて「何をすべきか、一生をかけて今回のことで考え続けていこう」と決意

2020年5月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、女子プロレスラー・木村花の死を受けて「何をすべきか、一生をかけて今回のことで考え続けていこう」と決意したと語っていた。

天才はあきらめた

山里亮太:今回のことを受けて、自分がメディアに関わらせていただく人間で、あとはSNSを使わせてもらってる人間。そして一視聴者として…なんて言うんだろうな、何をするべきなのか。

そしてこれから何を考えるべきか、何をしていくべきかっていうことを、これからずっと一生をかけて、今回のことで考え続けていこうっていうふうに思ってます。

やっぱそうね、難しいことなんだけど。言葉をお仕事としてさせていただく人間として、ずっとこれからずっと、ずっとこう考え続けていくっていうことを思ってます、今は。

で、本当に僕、さっきも言った通り、SNSってバンバン攻撃されるっていう時期があって。で、このSNSでバンバン攻撃されて悩むっていう人も、多分、今の時代だったらいると思うんですけど、僕は本当にそういう時は解決策なんて今、ここで言っても…「ひょっとしてもし、今、この状態で悩んでる人がいたら」ぐらいの感じですけど。

いたら、僕なんか本当にもうこの不毛チームのグループLINEなんかに、ちょっと立ち寄って、そんな言葉を発する元気がなくても、何か1文字、2文字でも入れたら、その状況を考えたら、この不毛スタッフが自分の方を見てるっていう文字を出してくるだけでも。そのやりとりを2~3やってるだけ、仲間内の自分の楽しい人たちとLINEを交換してるだけでも、20~30ぐらいはイヤな刃が消えてくって感覚があって。

あとは本当にもう、俺は親とかに内情は言わずに電話したりとか。あとはありがたいことに結婚させてもらってるんで、奥さんに話を聞いてもらうなり、全く関係なく植物見たりとかするとかでも、全然良くて。

あとは、本当に一番分かりやすく攻撃に対して良いものは、見ないっていう。見ないことがこんなにも最高の防御になるんだっていうことにも気づきましたね。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事