伊集院光、『あつまれどうぶつの森』の完全攻略本の存在に「なんかちょっとガッカリじゃね?」と発言「やり終わった頃に出てくんのはいいんだけど…」

2020年5月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『あつまれどうぶつの森』の完全攻略本の存在に「なんかちょっとガッカリじゃね?」と発言していた。

伊集院光:『どうぶつの森』、相変わらず流行っててさぁ、Nintendo Switch自体が買えなかったりとか騒ぎの中、なんか攻略本、ゲームの攻略本っていう文化自体を、久々に聞いた気がするけれども。

『どうぶつの森』の攻略本、凄い売れてるらしいね。Amazonで今注文して、5月の終わりにやっと増刷できますぐらいの勢いで。あんじゃん、「パーフェクトガイド」みたいなさ。

『どうぶつの森』、どういう家具が出てきたりとか、どういう住民がいたりみたいのを、「全部載ってます」って書いてあるんだけど、なんかちょっとガッカリじゃね?

昔のゲームならいざしらず…まぁ、昔のゲームでもそうなんだけどさ。パーフェクトガイドってさ、やり終わった頃に出てくんのはいいんだけどさぁ、やってる最中っていうか、『どうぶつの森』の性質から言うとさ、延々と続くわけじゃん。

今、「全部書いてあります」みたいなの、なんつーの…『どうぶつの森』って、タヌキの商店に行ってみて初めて、その日の売り物が何品か出てて、「ああ、こういう家具もあるんだ」とか、「こういうグッズもあるんだ」みたいのが分かるから。

あとは友達のその島に行ったりとかすると、「これ、どう買ったの?」とか。それから、ネットとかでたまたま見ちゃった、他の人の島とかで、「ああ、あるんだこういう家具」ってなるもんだから。

俺の中では、心のどこかで「ギャグボール、入荷してねぇかな」って、ずっと思ってんの(笑)ずっと行くたびに、拷問台とか(笑)ないとは思うよ、ないとは思うけれども「あってくんねぇかな」って。

だってさ、ガスマスクとかあんだよ。急にガスマスクとか、なんか割とマニアックなもの。便所スポイトとかある、便所の掃除道具とか急にあって。「これ買わなきゃ」みたいな感じになるのね。

っていうことは、三角木馬とかあってもいいわけじゃんか(笑)「あれ!」と思ってタヌキ商店に行っては、「まぁないよな」っていう。「いつか入荷されるかも」みたいなことをずっと思ってるわけじゃないですか。でも、もうそのパーフェクトガイドが出ちゃうとさ、「ないんだ…」っていう。

もうすでにさ、集めゲーみたいな、自分ではどうにもならない、「この中のこれとこれをこうコーディネートしたいけど、もうどうにもならない」って、そういう感じになっちゃうんじゃん。人間さ、あると見たいじゃん。なきゃいいのに、「あるんだ」みたいな。

あれってさ、昨今のゲームなんだからさ、途中途中でアップデートとかされていかないもんなのかね?でも、これが難しいところでさ、ダウンロードコンテンツみたいなやつは、あるはあるわけ。だけど、カセットっていうかさ、メモリカードバージョンもあるからさ、その辺の兼ね合いどうなってるのか分かんないんだけど。

なんか今の時点で「パーフェクトガイド」って言われちゃうとさ、結局来年にならないと…俺、4月ぐらいに始めてるから、来年の2月ぐらいにならないと出ない虫とかいるわけよ。でもさ、それも「いるよ」っていうの、2月になったところで知りたくない?

なんかちょっとテンション落ちるんだよね。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事