岡村隆史、真矢みきの楽屋挨拶での所作を「芸能界史上、最も美しかった」と絶賛「なんと綺麗な挨拶!」

2019年7月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、女優・真矢みきの楽屋挨拶での所作を「芸能界史上、最も美しかった」と絶賛していた。

岡村隆史:僕らでもこう、お仕事一緒になった時に、ご挨拶するじゃないですか、いろんな方へ。「よろしくお願いします」って楽屋に言いに行く時もあるんですけども。

芸能界史上、最も楽屋の挨拶綺麗かったのは、真矢みきさんです。TMCやったんですけど、まだその楽屋のスタイルもあるんでしょうけども、トントンってノックしはって、「はい」って言うたら、パーッて扉を開けはったんですけど、スッて座って、「真矢みきです、よろしくお願い致します」って、膝ついて、ご挨拶しはったんです。

そんな人いなかったんですけど、目線を合わしてくれはったのか。和室の部屋やって、ちゃぶ台みたいなんがあって。そこに座ってたんですよ。で、ドア開けはったときに、真矢さん立ってはったんですけど、スッと目線合わす感じで、膝ついて、「真矢みきです、今日はよろしくお願いします」って言って。

「なんと綺麗な挨拶!」と思って。僕は芸能界一、ご挨拶の綺麗な方。所作の綺麗な方というか。一番、気持ちいいご挨拶でした。

そういうのもあるから、極力だから挨拶に来てくれはる方、自分座ってても立って、ご挨拶するようにというふうには、心がけているんですけど。一番綺麗かったです、真矢みきさんのご挨拶が。

また見てみたい感じです。毎日、国分見てんのかな?あの挨拶。もしかして、『ビビット』でね。綺麗かったなぁ、本当に。

やっぱ宝塚という、その所作みたいなんも、もしかしたらあんのかも分からないですけど、綺麗かったです。



岡村隆史のANN

本日の人気記事

本日の人気記事