カンニング竹山、志村けんの訃報に触れて志村の懐の深さを表す過去のエピソードを明かす「気にするなって言って下さって…」

2020年3月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、志村けんの訃報に触れて、志村の懐の深さを表す過去のエピソードを明かしていた。

カンニング竹山:今思うと、一番ありがたかったのは、この間復活した『生ダメ』ってラジオ、深夜やってる時に…

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:言ってもないことを、インターネットで、志村けん師匠の悪口を言った、みたいな感じでワーッてなったんですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:それを、竜兵さんが気をつかってくれて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:竜兵さんが、「師匠と飲んでるから。竹山来れば」って。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:で、急いで話に行って。「師匠、実は言ってもいないことをネットで勝手にこうなってるんですよ」「気にするな」って。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:それで師匠は全然怒ってないんだけど。「ネットで勝手にこうなっちゃってるんですよ」「ああ、そういうことか。気にするな」って。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「じゃあ、今、写真撮って俺のブログ載っければ終わりだろ」「あ、はい」「それやれば終わりだろ」って。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:で、師匠と僕の写真撮って、師匠が載っけてくれて、それで収まるとか。

赤江珠緒:ああ、そういうこともあったんですか。

カンニング竹山:「ネットとか気にするなよ、お前」「はい」って。そこから飲みに行って。カラオケ連れてってもらったのかな、2軒目。吉幾三さんが歌ってて。

赤江珠緒:へぇ。

カンニング竹山:それが凄く頭に思い浮かびましたよね。

赤江珠緒:うん、そうですよね。

カンニング竹山:他に芸能の方、いっぱい可愛がってもらった方いるんで、まだまだ思い出あるでしょうけどね。

赤江珠緒:関わってなくても、思い出がいっぱいある方なんでね。

カンニング竹山:やっぱりお笑い界のドンみたいな人ですから、辛いですね。

赤江珠緒:ねぇ、本当ですね。



たまむすび

本日の人気記事