伊集院光、「第二のタモリに」とTBSスタッフに口説かれて昼の帯番組MCを任されるも番組終了とともにそのスタッフは「いなくなった」と明かす

2020年3月21日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑い芸人・伊集院光が、TBSの昼番組『素敵な気分De』MCに「第二のタモリに」と口説かれて任されるも、番組終了とともにそのスタッフは「いなくなった」と明かしていた。

若林正恭:それは、自分的には「よっしゃ、これで行くぞ」って思いますよね?

伊集院光、弱冠24歳でTBSの昼番組『素敵な気分De』MCに抜擢されるも渡辺正行が陰で「あそこ引き受けるバカいねぇだろ」と言っているのを聞いてしまったと告白

伊集院光:だって大人がみんなで集まって24の時に、(TBSの番組スタッフが)「君をどれだけかかっても育てるんだ」っていう。

若林正恭:わぁ。

伊集院光:「タモさんだってそうだったんだ。タモさんもラジオと深夜のテレビしか出たことなかった人が、『いいとも』をやって、最初は不評だったんだけど、それを我慢したから今、『笑っていいとも』があるんだ」って言われて。

若林正恭:はい、はい。

伊集院光:その時、ちょうど俺、ホリプロに入った時でもあるの。

若林正恭:ああ。

伊集院光:ホリプロも、一人凄い熱い人がいて。「ホリプロで育てたいんだ」って。

若林正恭:はい。

伊集院光:それが、昼の番組終わると同時に、その人も辞めるのね。

若林正恭:え?

伊集院光:俺の未来を約束した人二人が…

若林正恭:いなくなる(笑)

春日俊彰:そんな簡単にいなくなるか(笑)

伊集院光:同時にいなくなり。

若林正恭:その番組があって、色んな番組に出ていったいうイメージですか。

伊集院光:そうね。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事