東野幸治、ダウンタウン浜田雅功は無駄な収録を行わないためオンエア分のトーク尺が足りなくなり番組スタッフが「差し込むVTRでスローを多用した」と明かす

2020年3月13日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第11回にて、お笑い芸人・東野幸治が、ダウンタウン・浜田雅功は無駄な収録を行わないため、オンエア分のトーク尺が足りなくなり、番組スタッフが「差し込むVTRでスローを多用した」と明かしていた。

東野幸治:『ごぶごぶ』っていう番組はですね、浜田さんと僕が、「五分五分」になって、毎日放送での番組で、深夜ロケをするという番組なんです。

3年、4年ぐらいやってたんですかね。今は違うパートナーで浜田さんやってますけど。いや、これはいっぱいありますよ。

とにかく、ダウンタウンの浜田さんと仕事するって、対対でするなんて初めてですし、緊張もするし。なおかつ、スタッフも…『4時ですよーだ』って、昔やってた番組のスタッフですから、面識あるから、友達のような感覚ですし、仲間のような環境ですから、無理も効くし。

なおかつ、1時間番組ですけど、CM抜いたら40分とか、42分とかなんですけど、スタジオの浜田さん、『ジャンクSPORTS』、たとえば昔、30分番組を26分、スタジオで終わらすとか。

あと、オンエアでショートするでってこともあったらしいですよ、浜田さん。なんせ、『4時ですよーだ』って生放送、月-金でやってましたから。無駄なことを喋ってももったいない、次の収録で喋ったらエエやんって考えですから、できるだけカットさせないようなスタイルで。

これやってるの今、芸能界で浜田さんだけやと思うんですけど。『ジャンクSPORTS』とかもね、さっき言った30分番組で25~6分撮ったりとか、もうぎりぎりなんですよ。

ある時なんて、俺が聞いた話ですよ。ショートしてるんです。オンエア分の喋りがないんです。「じゃあ、どうする?」ってなった時に、短いVTR何本か使うんですけど、そのVTRの中で、スローを多用して時間調整したりする番組なんですよ。



東野幸治の幻ラジオ, YouTube

本日の人気記事