伊集院光、松村邦洋がCM撮影の合間に始めた『織田信長のオールナイトニッポン』ネタがしつこくて「もう、やめてくれる?」と言った過去

2020年2月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、松村邦洋がCM撮影の合間に始めた『織田信長のオールナイトニッポン』ネタがしつこくて、「もう、やめてくれる?」と言った過去を明かしていた。

伊集院光:(『麒麟がくる』を)絶対、松村(邦洋)君とかと見てたら面白いんだよ。松村君とがもし、横にいてさ。歴史超詳しいからさ。「これ、どういうことなの?」って言ったら、多分、松村君のことだから「もうやめて」って言っても、やめてくれないと思うけど(笑)

「もし掛布が斎藤道三だったら」とか始めちゃって、「もういいから」っていう(笑)「松村君、ごめん。見てるから、今。いいからやめて!」っていう(笑)

「ぶつよ!」ってなっても多分、やってると思うから。あの人だって昔、CM撮影の合間に、『織田信長のオールナイトニッポン』っていうモノマネを始めて、それがエスカレートしていって、「織田信長が誰だったら」みたいなのをやってるうちに、最終的に「もしも織田信長がカエルだったら」っていう(笑)

それずーっとやって、最終的に俺「もう、やめてくれる?松村君、ごめん。ごめんだけど」ってなったから(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事