美味いものログ

美味しい食べ物をひたすら書き連ねていくブログ

ザキヤマのまったくもって「テキトー」じゃない優しさが垣間見えるエピソード

   

「テキトー」キャラで知られるザキヤマこと、お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也だが、8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ザキヤマの高校野球に対する「ピュアさ」について語っていた。

伊集院光、ザキヤマが高校野球に関してはピュアであることに驚く「TVでは竹山に霧吹きで水をかけ続けてるお前が(笑)」

ザキヤマもありとあらゆることに関してふざけるけど、アイツもスゲェな、高校野球に関してスゲェなって思ったのが、人それぞれのポリシーってあるじゃん。人それぞれのポリシーで言う、ザキヤマルールの凄いなって思ったのは、これもここ何年かの高校野球の傾向なんだけど、みんな両校の応援団以外のお客さん、いっぱい入るようになって。満員のお客さんが、逆転をあまりに望んでるっていう。奇跡の逆転を凄い見たがるっていう傾向があって。

それは俺も見たいの。結果的に、奇跡の逆転は見たいんだけど、なにか負けてるチームに勢いがついてくると、球場全体のその他大勢が、「逆転しろ」って空気になってくるのね。で、タオル回しって流行ってんだけど。

…それをザキヤマルールは、これも、細かいらしいんだけど(笑)自分の母校とか、自分の関係者が行ってるとか、百歩譲って、自分の出身の県の代表とかはいいけど、何も関係ない時には、「見守ろう」って考え方なんだって、アイツは(笑)

「逆転」を望む観客が多い中、ザキヤマは「逆転しろっていうことは、(勝っている側にとって)逆転されろということである」と考え、むやみに逆転を望むのではなく、「静観する」という姿勢で見守るようにしているのだという。

こうしたザキヤマの、垣間見える「優しさ」について、オードリーの若林正恭も語っていた。

オードリー・若林が号泣。その時ザキヤマがみせた優しさ

若林正恭:一番悩んでた時に、『悩んでもムダ、ムダ~』って言ってくれたり。

若林正恭:(番組で)号泣した日は、ザキヤマさんが「一杯、行くか?」って。

春日俊彰:うそっ(笑)

若林正恭:ホント、ホント。

春日俊彰:スゴイ心配してくれてるじゃん。

若林正恭:色々、仕切ってくれて。かといって、飲みに行った時には、その話をしないんだけどさ。なんで泣いたか、とか。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:土壇場で優しいんだよね。普段、スゲェ性格悪いなって思うときあるんだけど。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:土壇場で優しいんだよなぁ、いつもあの人

さらに、東京03が優勝した2009年の『キングオブコント』でも、決勝前日、緊張しないようにわざと角田晃広を飲みに連れまわしたのだという。

ザキヤマ、東京03がキングオブコント優勝時に豊本を喜ばさせたサプライズ「どうしても一緒に見たいものがある」

角田晃広:決勝の前日の話ですよ。それで、焼き肉屋さんにまず連れてってくれて。

山崎弘也:うん。

角田晃広:それで食べて、「そんな緊張してたってしょうがないんだから」みたいな感じでやってくれたんですよ。

さらに、東京03が優勝した打ち上げでは、こんな小粋なサプライズを仕掛けたのだという。

豊本明長:(打ち上げが終わっても)山崎は帰らないわけですよ。

山崎弘也:うん。

豊本明長:「どうしても一緒に見たいものがある」って。それで、朝、6時過ぎくらいまで一緒にいて。それで、山崎がコンビニに行って、新聞を買ってきて。

小木博明:ああ!はいはい。

豊本明長:「東京03優勝」っていう新聞を俺らに見せて「おめでとう」って。

狩野英孝:何それ、オシャレ!

豊本明長:我々のために、2日徹夜っていう(笑)

ザキヤマと言えば、所属事務所である人力車のお笑い養成学校で、みんなサボる中、真面目に授業に出続け、現在もビートたけしのモノマネの際に披露する「タップダンス」も習得したのだという。

そんな彼は、「テキトー」な一面だけでなく、意外にも優しさに溢れた部分もあるようだ。

 - 伊集院光 深夜の馬鹿力