オードリー若林、『タモリ倶楽部』は自分のカラーを出すのではなく企画に「入っていく」スタンスが必要と語る「笑いとろうとしたらハウフルスが怒る」

2020年1月25日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、テレビ朝日系の番組『タモリ倶楽部』は、自分のカラーを出すのではなく番組の企画に「入っていく」スタンスが必要と語っていた。

DJ松永:テレビ出させていただく時に、ディレクターさんに「ラジオの感じでお願いしますよ」って凄い言われます。

R-指定:松永は、ザーッて喋り続ける、このテンションの感じをホンマに求められるっていうか。

DJ松永:俺、技術がないから、「あの引き出し開けよう」なんて分かんないわけですよ。

若林正恭:はい、はい。

DJ松永:もうその場で喋る以外…

橋本直:一生懸命やるだけっていう。

DJ松永:そうですね、何も分かんないんですよ。

R-指定:俺ら、分からずホンマ暗中模索で頑張ろうとしてやっててね。

若林正恭:うん。

R-指定:『タモリ倶楽部』の時も、一生懸命、大きい声を出してバーッて喋り続けてたんですけど、『タモリ倶楽部』のBPMがそれじゃないから(笑)

若林正恭:ああ(笑)

R-指定:松永の隣で、タモリさんが凄いうるさそうにしてて(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

橋本直:いや、温度大事(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)ああ、タモリさんに掴まりそう(笑)

R-指定:『タモリ倶楽部』は超ゆっくりのBPMなのに、倍で刻んで。

DJ松永:だって、台本にBPM書いてないんですよ。

若林正恭:書いてなかったなぁ(笑)

春日俊彰:書いてあるわけないだろ、そんなの(笑)

橋本直:たしかに、今後書くっていう手はありかもしれないですね(笑)芸人もそっち勉強して、「大体このビートなんや」って(笑)

若林正恭:BPM書いて欲しいね。俺たちもそのショックあるもん。「ああ、BPM間違えてたな」って。

DJ松永:ああ。

若林正恭:本当にね、『タモリ倶楽部』なんかちくわぶ工場行ったことあるけど。

DJ松永:ああ。

若林正恭:ちくわぶが出来上がるってことに、自分が入っていかなきゃダメ。

DJ松永:本当に入っていかないといけないんですよね。

若林正恭:あれを、工場とかを何かにたとえてワードで笑いとろうなんてやったら、一番、ハウフルスが怒るからね。

DJ松永:ふふ(笑)

春日俊彰:制作会社ね(笑)

DJ松永:俺、『タモリ倶楽部』前、エナジードリンク3本飲んだんですよ。

橋本直:絶対にダメです。

R-指定:完全に一人だけ、イビサ島みたいな早さで(笑)

橋本直:俺も『タモリ倶楽部』好きすぎるんで、鰻に「絶対、温度だけ気をつけろ」って。

鰻和弘:言われました。

橋本直:「ボケたり、ネタ入れたり、よこしまな気持ちを1mmも出すな」って。

春日俊彰:よこしまな(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事