フルーツポンチ亘、現在も「年一回の予備自衛官の訓練」で実弾射撃を行っていると告白「100m先の的を狙って撃って」

2020年1月21日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・フルーツポンチの亘健太郎が、現在も「年一回の予備自衛官の訓練」で実弾射撃を行っていると告白していた。

松田大輔:5日間の訓練って、何があるの?凄い興味あるんだけど。

亘健太郎:5日間は、予備自衛官の必要な訓練。だから、射撃とか。

松田大輔:え?

小沢一敬:それって、実弾?

亘健太郎:実弾射撃です。

小沢一敬:え?実弾撃ったことあるの?(笑)

亘健太郎:はい、しかもこういう拳銃とかじゃなくて、小銃っていう、デカイやつですね。

小沢一敬:ライフルみたいなね。

亘健太郎:はい。ライフルのやつで、撃ってきまして。

小沢一敬:どれぐらい遠くまで当てれるの?

亘健太郎:今回の訓練は、100m先の的を。

小沢一敬:100m先のものを撃てるの?

亘健太郎:はい。50点満点中、でも25点しか当たらなかったです、でも。

小沢一敬:どのくらいのもんか分からないけど。

亘健太郎:ギリギリラインです、合格の。

小沢一敬:でも、当たらないって言うよね。

亘健太郎:当たらなっすね。昔はもっと当たってたんですけど、年一回のだと…

松田大輔:怖くなってきた(笑)銃撃ってきたの?お前(笑)

村上健志:だから、興奮状態にあります。

筧美和子:ふふ(笑)

亘健太郎:テントとかを張ってきました、非常用のテント。

松田大輔:ああ。

亘健太郎:あと、基地の警備と。



アッパレやってまーす

本日の人気記事