オードリー若林、ぺこぱをM-1グランプリ2019で見て「時代の転換点みたいなものを、目の当たりにした」と語る

2019年12月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、ぺこぱをM-1グランプリ2019で見て「時代の転換点みたいなものを、目の当たりにした」と語っていた。

若林正恭:新しい人が出てきて、人が新しいだけであって、別に何か構造とかでは新しくないのに、「新しい、新しい」って言われてると、なんか納得いかず。でも、誰にも言えず。

春日俊彰:うん。

若林正恭:首ひねりながら、テレビ局から帰る、みたいな。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:そんなの大人気ないし、「全然、新しくないんだけどなぁ、全然あるんだけどなぁ、あの作り方」みたいなことってあるけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:絶対、そんなことをもう俺たちぐらいおじさんは、言わない方がいい。

春日俊彰:まぁ、そうだね。

若林正恭:俺たちは俺たちで、こじんまり。「俺はこじんまりしていこう」と思ったね、ぺこぱを見て。

春日俊彰:ふふ(笑)ああ、そう。

若林正恭:うん。

春日俊彰:こじんまり?

若林正恭:ぺこぱが出てきたっていう、その時代の転換点みたいなものを、目の当たりにして…これで、足腰の整ってないオジサンは寄っちゃうんですよ、そっちに。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、俺は春日と二人でもっと、もっとこじんまりしていくよ、これから(笑)自分たちのできることだけ。

春日俊彰:それはなんだ(笑)

若林正恭:小さく、小さくまとまってくんだ、俺たちの漫才は。覚悟を決めて(笑)

春日俊彰:それはポジティブなのか?(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事