オードリー若林、M-1でぺこぱとかまいたちの「多様性を笑いに変える」漫才に感動して号泣「腰抜けるぐらいビックリして、泣いちゃって」

2019年12月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリ2019でぺこぱとかまいたちの「多様性を笑いに変える」漫才に感動して号泣してしまったと告白していた。

若林正恭:多様性とツッコミの食い合わせって悪いから、「そんなことができるのか?」って思いがまずビックリしたのがあって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:要するに、ツッコミって指摘とか否定だったり、「非常識ですよ」ってことなんだと思うんだけど。そういうことって、多様性を飲み込む、受け入れるということに対して、めちゃ相性悪いと思うのね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:じゃあ、どうしたのかって言ったら、一回、ツッコみかけるじゃん。ツッコみかけた後、飲み込むっていう、そこの一個のツッコミの中で、振りと…緊張と緩和を使い分けると、「こんな伝わるんだ」って。あとはキャラも込みでね。全肯定するようなさ。

若林正恭:そしたら、「この子、めちゃくちゃ優しい子なんだろうな」って思った瞬間に、ボロボロ涙出てきて(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:爆笑してんだけど、もう泣いちゃって。で、その後に俺もうかまいたちさんって本当に凄いと思ってて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:二人とも天才じゃん。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、もう何度生まれ変わっても、あんな漫才できないと思うし、自分では。

春日俊彰:うん。

若林正恭:本来、マイノリティである山内さんがさ、ツッコミを全部オーバーザトップしてくじゃない。

春日俊彰:うん。

若林正恭:だから、マイノリティでも自信を持てる。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「多数派に屈するな!」って思ったら、もうかまいたちさんも爆笑しながらもう、号泣しちゃって、リビングで(笑)

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:ってことがあって。俺なんかね、お気づきかと思うけど、俺なんかね、多様性を尊重するレギュラー番組が多いのよ(笑)

春日俊彰:ああ。

若林正恭:ふふ(笑)『セブンルール』とか、『激レアさん』とか『しくじり先生』って。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:ツッコミって結構難しくて。たとえば『セブンルール』で、K-PROの方の特集でさ。「小島さんは、ご飯を焼き鳥しか食べない」っていう時に、「いや、焼き鳥だけって言うけど!…仕事に熱中してたら、それもいいのかもしれない」ってことなわけなじゃない。

春日俊彰:ぺこぱじゃねぇか。

若林正恭:ふふ(笑)だから、ツッコめなくて、ずっと悩んだりとかして、「ツッコまなくていいんだ」って思った瞬間が結構あったりするの、『激レアさん』とか『しくじり』とか『セブンルール』やってて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それは多様化されてきたって感じが世の中にあって。そうすると、焼き鳥しか食べないことをツッコめるのって医者だけだと思うんだよね。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:「いや、栄養バランス悪いな!」は成立するんだけど(笑)

春日俊彰:うん。

若林正恭:生き方として、常識がバラバラになってるから。それをさ、笑いに変える人が出てきたって、もう腰抜けるぐらいビックリして、泣いちゃってさ。



オードリーのANN

本日の人気記事