ノンスタ石田、M-1グランプリ2019でからし蓮根の敗因は「すゑひろがりずの直後でキャラが薄めに見えた」「ツッコミがきつく感じた」と分析

2019年12月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、M-1グランプリ2019でからし蓮根の敗因は「すゑひろがりずの直後でキャラが薄めに見えた」「ツッコミがきつく感じた」と分析していた。

岡村隆史:東京の人は、どれぐらいからし蓮根を理解してたんやろうな?

石田明:ああ、多分そこまでは知られてないですね。お笑いファンは知ってますけども。

岡村隆史:そうやね。

石田明:やっぱりその、M-1決勝のスタジオにいるお客さんは、ほとんど知らないということですよね。

岡村隆史:そうやな。得てして、このM-1っていう舞台は、みんなが知らない方が、「この人らどういう人なんやろ?」っていうので、バーンと跳ねる時あるやんか。

石田明:はい、はい。

岡村隆史:知らない方が。ネタバレしてるよりか、顔バレしてるよりかは。

石田明:はい。

岡村隆史:そういう強みもちょっとあったよね。

石田明:あったんですけども、今回に関していえば、やっぱり伊織君、大きい方の子がですね、結構キャラクターが先行しているタイプなんですね。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:それで、その前にすゑひろがりずという、もうもろキャラモンがいて、鳴り物もあって。

岡村隆史:うん。

石田明:っていうと、ちょっとキャラが薄めに見えたんですよね。

岡村隆史:順番的に、すゑひろがりずの次やから。

石田明:ってなると、ちょっとパンチが弱く感じられて。だから、普段やったら結構、あのボソボソ言う感じがハマっていくんですけども、やっぱりその視覚的な効果からしても、聴覚的な効果からしても、ちょっと弱くなって。「あ、いつもと違うな、違うな…」ってなってたとは思うんです。

岡村隆史:だから、「本調子じゃないと思いました」って言ってたら、巨人師匠がすぐ「本調子やったと思います」って言わはったやんか。

石田明:はい。

岡村隆史:でも、からし蓮根知ってる人は、「ちょっといつもとちゃうな」っていうのは分かってた。もっとウケるはずやのにっていう。

石田明:巨人師匠がからし蓮根見てるとかいう時っていうのは、大体、なんばグランド花月であるとかいうと、「結構年配の方も多いような劇場で見ることが多いですね」ってなった時に、やっぱり普段若手の劇場でやってるよりは、やっぱウケは落ちている状態を見ていることも多いと。

岡村隆史:それを巨人師匠所が見てるから。

石田明:まぁ、巨人師匠は映像とかもチェックするんであれなんですけども。

岡村隆史:はい。

石田明:なんですけども、それで「調子よかったよ」っていうのもあるとは思うんですよね。

岡村隆史:うん。

石田明:あとは、(杉本)青空君っていう、やっぱりあの子が結構面白いツッコミをするんで、関西のお客さんは、結構もう青空君が「これ、どんなフレーズ言うんやろ?」って、結構フォーカス当たってたりするんです。

岡村隆史:ああ、なるほど。ツッコミのファンタジスタ的な。

石田明:みたいな。

岡村隆史:「どんなツッコミしてくれんの?面白いツッコミしてね」っていう。

石田明:そうです。「伊織君面白いのはわかってるんですけど、青空君も面白いもんね」っていう、なんとなくもう、「これがこう来たらこう」みたいなのがあるんですけど、やっぱ、あそこのスタジオにいるお客さんは、伊織君にしかまだフォーカスが当たっていないので、だからビックリしてると思うんですよね。

岡村隆史:ああ。

石田明:だから、思ったよりツッコミがきつく感じたりだとか。

岡村隆史:後半、でもちょっとハマってきたやんか。

石田明:ハマってきました。だから、それがホンマはもっと早いんです。

岡村隆史:早めに来るはずやったのに、来んかったんや。

石田明:っていう、「来ぇへんな、来ぇへんな」っていう焦りは2人とも持ってたと思います。

岡村隆史:ああ、やりながら。

石田明:やりながら、あったと思いますね。

岡村隆史:それでいて終わった後の、「いや、本調子です」っていう。

石田明:はい。

岡村隆史:パシーンっていう。



岡村隆史のANN

本日の人気記事