山里亮太、オードリー若林からの結婚報告の電話があった時にそっけない態度をするリベンジが果たせなかったと告白「これじゃあ俺の負けかな」

2019年11月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭からの結婚報告の電話があった時に、自分の結婚報告の時に若林からされた、そっけない態度をするリベンジが果たせなかったと告白していた。

山里亮太:いやぁビックリしたでしょう皆さんも、ねぇ。オードリー若林、結婚ですよ。いやぁ、ビックリした。俺、それをさ、知ったのが、それこそラフターナイト、チャンピオン大会あったね、23日土曜日。

まぁ、『オードリーのオールナイトニッポン』の日ですよ。その日のね、ラフターナイト終わって、ちょっとラフターナイトの打ち上げね、出れなかったの。

まぁ、理由はもうちょっと個人的なことなんだけど、平子君のミニコントがイヤだから。アルピー平子君のミニコントがイヤだからと、あとちょっと用事がありまして、出れない。本当にめちゃくちゃ楽しいライブだったからさ、楽しく打ち上げも行きたかったんだけど。まぁ、でもちょっとね出れないってことで、有楽町の方でね、ラフターナイトチャンピオン大会やって、終わって。「皆さんお疲れ様でした」って、歩いてて。

でね、ふと携帯をね、見ると…有楽町からちょっと歩こうかなって、銀座の方に歩いてたんです。銀座の方に、テクテクテクテク歩いてて。で、銀座のメインの通り歩いてる時に、ふと携帯見たら、若ちゃんで。LINEで着信があって、「なんだろう?」と思って、かけ直したの。

もうね、銀座のイルミネーションある中、ちょっと肌寒かったな。暗くなってきてて。「若ちゃん、どうした?」って言ったら、電話先でさ、「あ、山ちゃん。結婚したのよ」って。

「え?」「もう結婚したわ」って。「おっ!え?!」ってなって、急だったから。俺はね、悔しかった。いつかそんな日が来たら…いつかは来ると思ってたよ、それは若ちゃんだって。

俺の中であったわけさ。俺が若ちゃんに「結婚するわ」って言った時に、あの野郎は、電話出て「ごめん、俺、今、バスケやってるから」って戻ってったの。俺はいつかね、それを絶対、若ちゃんから電話きたらそれをやろうと思ってたけど、そんな近くにその日が来ると思ってないから。普通の話だと思っててさ。「わぁ!」って驚いちゃって。「わぁ、すげぇ!」って。

山里亮太、オードリー若林には結婚報告を「結構最初の方に連絡」していたため勝手が分からず口止めを念押しし過ぎたと反省

ずっと温めてたの。いつかその日が来た時に、俺はフラッグフットボールをやってようと思ったのよ。当たりがないアメフト、昔やってたから。仕事もらうためにね(笑)強制的に、作家さんのチームに入ってた時あったから。

「ごめん、俺、フラッグフットボールやってるから」って言うつもりだったけど、急にその日が来て、「わぁ!ああ…すげぇな」って言ってた。

「わぁ…俺が電話した時、若ちゃんはこんな気持ちになったかなぁ」と思って。「なんか、これじゃあ俺の負けかな。俺、すげぇ上がっちゃったよ、テンション」みたいな。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事